ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ウィーワークは、8月14日に米国証券取引委員会に当初提出したフォームS-1による登録届出書の取り消しを申請します。

共同最高経営責任者(CEO)のアーティー・ミンソンとセバスチャン・ガニングハムは、次のように述べています。「引き続きファンダメンタルズが良好な中核事業に傾注するために、IPOを延期することを決めました。これまでと同様、メンバー、企業顧客、パートナーである物件所有者、従業員、株主のお役に立てるよう、真摯な努力を続けていきます。私たちは固い決意でウィーワークの上場を目指しており、今後の株式上場を再検討していきたいと思います。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jimmy Asci / Gwen Rocco
press@wework.com

情報提供元:
記事名:「ウィーワークがフォームS-1登録届出書を取り消しへ