ピーク・ヘルス・センターによれば、2019年2月22日の中傷的な 事実無根の記事は撤回され、削除された事を確認済みです

米カリフォルニア州ロスガトス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- カリフォルニア州の501(c)(3)非営利団体のピーク・ヘルス・センターは、2019年5月2日にピーク・ヘルス・センターの事業、製品、創設者に関する記事の出版を受けてポットネットワーク・ホールディングス(POTN:OTC)に対して提起した訴訟が一部和解に至ったことを発表しました。この訴訟は、a) 中傷、b) 営業誹謗、c) 見込まれる経済的利点に対する故意の妨害、d) 見込まれる経済的利点に対する過失的妨害、e) プライバシーの侵害、f) 精神的苦痛の故意による賦課、g) 精神的苦痛の過失による賦課に関するものでした。



本件訴訟はその後、非公開の正式和解契約に従って退けられました。ポットネットワーク・ホールディングスは、自社が管理する全てのサイトから本件記事を削除し、2019年7月31日にはストーリーの重要な要素を確認できないことを公に認め、記事を掲載したことを深く遺憾に思うと述べました。ポットネットワーク・ホールディングスはさらに、不当な記事で行った声明および主張を全て撤回しました。

和解の義務のすべてに準拠できなかったため、ポットネットワークに対する原訴状は契約違反を含めて修正され、再提出されました。この訴訟は、ロサンゼルス郡上級裁判所で係争中です。

ホップ由来CBDのKriya®を製造・販売するImmunAG(インド・ゴア州)取締役のAshutosh Kotru氏は、このように述べています。「ポットネットワークによる訴えは 不当でした。それは、知的財産権と製品を 侵害した事で取引を停止した元販売店から私がヘンプCBDを購入しているという主張でした。ポットネットワークは、独立的と想定されたVolker Christoffelという名前の科学者による中傷的声明を公表しましたが、この人物はアルファ・カナビス・ファーマのマネジングディレクターでした(https://markets.businessinsider.com/news/stocks/organigram-announces-definitive-agreement-to-acquire-25-of-alpha-cannabis-pharma-gmbh-1027625063)。Chistoffel氏はカナビスの世界に深く関わっているかもしれませんが、ホップ由来CBDのKriya®について研究したことはありません。ポット・ネットワーク・ニュースという名前の情報源からの情報は信頼してはいけません。」

ピーク・ヘルスの製造マネジャーのJames Petersは、次のように述べています。「Kriya®のサンプルを切り取り、乾燥させて抽出し、分析のために第三者の企業に持ち込みました。サンプルが ホップ(フムルス)であってヘンプではなく、カンナビノイドを含んでいることを確認する第三者の分析結果が多数私たちのところにあります。カナビスは世界の大半の国で違法であり、ヘンプは多くの国・地域で強い制限が課せられています。政府機関がカナビスやヘンプ由来CBDを取り扱うことは、端的に言って不可能です。また、カナビスやヘンプ製品の使用は多くの宗教で禁止されており、ミレニアル世代のほとんどはマリファナの匂い に抵抗があります。私たちはホップ由来CBDのKriya®を世界中に出荷し、ヘンプCBDには決して手を出さない販売会社に 限定され扱われています。私たちは、ヘンプ由来CBD市場にとって大きな 脅威となっています。マリファナの世界の擁護者の一部が私たちの革新に汚名を着せようと試みることは、驚くべきことではありません。しかし、それは成功しないでしょう。マリファナは所詮マリファナです。マリファナと関わりを持ちたくない人々は、常にホップ由来CBDのKriya®を選ぶでしょう。」

「私の身体はボロボロで、2017年のBIG3(www.big3.com)トーナメントは不調でした。その後私は、ImmunAG™というKriya®ホップCBDを見つけました。ImmunAG™を使って、とても気分が回復しました。2018年にはBIG3トーナメントで勝利することができました(https://www.usatoday.com/story/sports/nba/2018/08/25/lieberman-power-win-big3-championship/37602817/)。これは多くのところ、Kriya®ホップCBDのおかげです」と、Cuttino Mobleyは語っています。Mobleyは、BIG3のヒューストン・パワー(https://big3.com/teams/power)の共同キャプテンです。それ以前は、ヒューストン・ロケッツ(https://www.nba.com/rockets/)とロサンゼルス・クリッパーズ(https://www.nba.com/clippers/)のトップのシューティングガードでした。「ヘンプCBDのことは知っています。Kriya®フムルスからのホップCBDも知っています。これはまったく別物です。ヘンプオイルはカナビスの匂いがしますが、Kriya®オイルはまったく異なる心地よい香りがします。Kriya®ホップ由来CBDは香りが良く、カナビスのような匂いとはまったく違います。」(Cuttino Mobley)

「CTEや発作に苦しみ、偏頭痛に襲われていました。仕事ができず、生活に支障を来していました。ヘンプCBDを試しましたが、それでも力は戻りませんでした。それからImmunAG™— Kriya® Hops CBDティンクチャーを試したところ、それまでになく気分が回復しました。自分の世界が開けました。発作は終わり、偏頭痛はコントロール可能になり、一日中働いたりプレーしたりすることができます」と、James Hundonは述べています。James Hundonは、NFL(www.nfl.com)とシンシナティ・ベンガルズ(https://www.bengals.com)でワイドレシーバーの選手でした。「誰かがこの製品を台無しにして私の健康を損なおうとしていることには怒りを感じます。私は自分の体験についてブログを書いていますので、私の状況をフォローしていただくことが可能です。」(James Hundon)

Kriya®ブランドCBDを含むImmunAG™の詳細情報については、ImmunAG™のウェブサイト(https://www.immunag.jp/)をご覧いただくか+1-888-337-4986(+1-888-33-PHYTO)にお電話をお願いします。

ピーク・ヘルス・センター

当組織は、カリフォルニア州ロスガトスを拠点として活動する501(c)(3)非営利団体です。その使命は、人間の健康を改善して医薬品の使用を減らすことです。世界各地の医師や科学者が参加し、各地域の健康やフィトテラピーに関する知識の拡大を進めています。

日本国内におけるimmunAG™製品に関するお問い合わせ

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

株式会社CloudNine
〒730-0037
広島県広島市中区中町7-35和光中町ビル8F
URL: https://www.cloud9-cbd.co.jp/
TEL :0120-991-009

情報提供元:
記事名:「ピーク・ヘルス・センター、「ホップ由来」CBDに関してポットネットワーク・ホールディングスが行った主張および声明がすべて撤回されたと発表