社会的利益のための無償のプロジェクト管理を通じた世界的な取り組みを評価

フィラデルフィア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- プロジェクトマネジメント協会(PMI)は、当初目標の2倍の誓約が行われたことを発表いたします。国連の持続可能な開発目標(SDGs)に準じた活動を推進するために10万時間のボランティア活動を行うことを、ステークホルダーが誓約しています。PMIが1年間にわたり励行しているグローバル・セレブレーション・オブ・サービスの一環として、世界中の専門家がプロジェクト管理に関する知見を活かして各地の組織の可能性を引き出し、地域社会に力を与えています。


PMIの創立50周年記念およびグローバル・セレブレーション・オブ・サービスの目標は、社会的変革の推進に対する世界中のプロジェクト管理専門家の熱意を反映した当組織の「Made Possible」キャンペーン全体の拡充の一環として設けられました。2018年秋に初めて立ち上げられた「Made Possible」は、PMIのメンバー、資格保有者、支部リーダー、ボランティアなどのPMIの多彩なステークホルダーのほか、変化をもたらすことに関心のある人々の参加を促し、社会にポジティブなインパクトを与えるという共通のビジョンの下で力を結集することに重点を置いています。

PMIのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のスニル・プラシャラは、次のように述べています。「社会が直面する緊急の社会的問題の解決のためにプロジェクト管理に関するスキルと知識を活用する機会を人々に提供することは、当組織の創立50周年を祝う最高の方法だと思います。アイデアを実現させ、変革をコントロールして戦略的な結果を導き出す、つまり夢を実現するための核となるのがプロジェクト管理であり、このスキルが社会にも力を与え、強力な変化を実現できることを示すことができ、大変うれしく思います。」

PMIのすべてのステークホルダーは、SDGsに沿ったプロジェクトのために自身のプロジェクト・リーダーシップに関する専門知識を善意により生かすことをPMIのグローバル・セレブレーション・オブ・サービスのウェブサイト誓約することにより参加することができます。

プロジェクト管理により実現

社会に力を与えるという概念は、PMIのステークホルダーにとって特に目新しいことではありません。例えば、PMIエクアドル支部は、2016年のマグニチュード7.8の大地震後の地域社会の復興をプロジェクト管理の専門ノウハウを生かして支援しました。この地震では少なくとも676人が命を失い、1万6000人以上が負傷し、70万人が緊急の援助を必要としたほか、多くの地域でインフラ設備の90%が破壊されました。

PMIエクアドル支部のプロジェクト・マネジャーのサンティアゴ・カルタヘナは、最も被害の大きかったエクアドルのエスメラルダスにすでに支援活動のためのネットワークを設けていた現地の非政府組織と積極的に連携しました。カルタヘナとエクアドル支部の同僚は、現地の組織だけでなく、この地域の女性起業家にも同じように直接、プロジェクト管理に関する研修と支援を提供しました。

カルタヘナは、次のように述べています。「私たちは誰もがこれまでに自分に与えられたものを再び生かす責任があります。私たちの取り組みは、エスメラルダス県の200人以上の女性の支援と研修に貢献していますが、まだこうした活動は端緒についたばかりです。私にとって、プロジェクト管理は単なるツールではありません。プロジェクト管理は支援であり、後ろ盾であり、人々と共にあることを意味します。」

PMIはこのようなボランティア・プロジェクトを支えていることを誇りに思うとともに、今後もMade Possibleおよびグローバル・セレブレーション・オブ・サービスを通した世界的なプロジェクトによるインパクトとその地域社会へのインパクトについてお知らせしていきます。

持続可能な開発目標の支援

ボランティア活動やインパクトを与えている人々を称えることに加えて、PMIは組織として社会的利益の推進に対する取り組みを正式な活動とするための措置を講じています。先に、PMIは国連グローバル・コンパクトに署名し、160カ国を超える国のほぼすべてのセクターを網羅する9500以上の組織のネットワークに加わりました。国連グローバル・コンパクトのパートナーは、戦略や業務を人権、労働、環境、腐敗防止に関する普遍的な原則に即したものとするように努力するとともに、社会的な目標の達成に向けた行動をとるよう努力します。このパートナーシップを通じて、PMIはプロジェクト、プログラム、ポートフォリオ管理を生かして2030年をめどとしたSDGsの達成に貢献するための手段を模索していきます。

プラシャラは、次のように述べています。「どの組織にとっても、国連の持続可能な開発目標に準じるためには慎重な計画とプロジェクト管理が不可欠です。多くのSDGsは、複雑で複数のセクターを網羅する真にグローバルな協調によってのみ達成することができます。PMIがその専門的知見を活かしてさまざまな組織が効率良くこうした目標に沿うことができるようにするための支援に正式に取り組んでいるのも、そのためです。」

PMIの創立50周年の記念行事の詳細、支援の誓約、Made Possibleの進捗状況に関する最新情報については、PMI.org/Anniversaryをご覧ください。

国連のSDGsに則ったPMIの活動をツイッター(@PMInstitute)、フェイスブック、リンクトインでフォローしてください。

プロジェクトマネジメント協会(PMI)について

プロジェクトマネジメント協会(PMI)は、プロジェクト/プログラム/ポートフォリオ管理を専門職とする人々のための世界有数の協会です。1969年に設立されたPMIは、世界のほぼすべての国の300万人以上の専門職に、世界的な提唱、協力、教育、調査を通して、価値を提供しています。私たちは世界的に認められた基準、資格認定、コミュニティー、リソース、ツール、学術研究、刊行物、専門職開発コース、ネットワーキングの機会を通して、キャリアを強化し、組織的成功を向上させ、プロジェクト管理の専門職をさらに成熟させています。PMIファミリー傘下のProjectManagement.comは、より多くのリソース、優れたツール、大きなネットワーク、幅広い視点を提供するオンラインの世界的コミュニティーを形成しています。www.PMI.orgwww.projectmanagement.comwww.facebook.com/PMInstitute、ツイッター(@PMInstitute)をご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20190813005172/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mary Ortega, +1 610 356 4600 X7030 
mary.ortega@pmi.org

情報提供元:
記事名:「プロジェクトマネジメント協会が目標を突破、創立50周年を記念した世界中のボランティア活動で10万時間を誓約