米ペンシルベニア州ニュ--(BUSINESS WIRE)--タウンスクエア -- (ビジネスワイヤ) -- ブライトライン・イニシアチブは、IESEビジネス・スクールとの間で新たに研究協力を行うことを発表しました。



日々、世界各地で上層リーダーや経営幹部が組織の文化、リーダーシップ、プロセス、技術の変革を巡る重要な意思決定を下しています。そうした意思決定では、組織内の自律性と統制のバランスを取るためのトレードオフを迫られます。短期的な効果と長期的な効果を比較検討し、顧客獲得に向けて理想と現実の間で最も適切なポイントを見出さなければなりません。

ブライトラインとIESEビジネス・スクールは、日々リーダーが対応を迫られているこの種の重要なトレードオフについて研究を行います。上層リーダーが適切な意思決定を行えば、高コストと低生産性につながる戦略の設計と実行の間のギャップを埋めることができ、組織にプラスの変革をもたらすことが期待できます。

研究協力の成果は、経営幹部を対象としたガイド記事のシリーズとして発表される予定です。この研究から得られた知見をリーダーが活用して最も重要なトレードオフにも適切に対処できるようになることが期待できます。

ブライトラインのチームと共にこの研究活動を率いるIESEビジネス・スクールのJoaquim Vilà教授は、次のように述べています。「戦略の実行こそが『問題』であるということに多くの経営幹部が同意しています。戦略を成果に結びつけるには、健全な戦略を社員に伝達するだけでは不十分です。多様な要件に対応して関係者全員の承諾と協力を得ること、そして特に、変動する環境の中で実行計画を進めていくことも必要になります。実行とは、互いに両立しにくい目標の間で適切なバランスを見出すことでもあります。そうした要素すべてが1つの役割を果たすのであり、戦略の設計と実行の結果の間のギャップを埋める展望を形作る最も弱い面なのです。」

ブライトラインの戦略研究責任者を務めるEdivandro Conforto博士は、次のように述べています。「当社の研究および上層リーダーとの関わりから、アイデアを現実に変えることに伴う課題が見えてきます。IESEとの新たな提携関係の下、いかにしてリーダーが複雑な意思決定を適切に進めることが可能かについて深く掘り下げていきます。今回の提携により、思考のリーダーシップに関する当社の研究が前進し、特に重要なトレードオフとその適切な対処法に光が当てられることになるでしょう。」

ブライトラインのエグゼクティブディレクターを務めるRicardo Vargasは、次のように述べています。「今日のリーダーは組織の利益と個人の志向の間のバランスを取るのに苦慮しています。変革を成功させるために、リーダーは状況を適切に判断して迅速かつ思慮深く行動するという綱渡りをやり遂げなければなりません。IESEビジネス・スクールとの提携により、上級経営幹部が組織に必要な変革を適切に率いていけるよう支援する新しい知見を明らかにできるものと大いに期待しています。」

ブライトライン・イニシアチブについて

ブライトラインは、プロジェクトマネジメント協会(PMI)と世界的重要組織によるイニシアチブであり、経営幹部が戦略設計と戦略実行の間の高負担で非生産的な溝を埋められるよう支援することに特化しています。ブライトラインは知見とソリューションを提供し、リーダーが戦略イニシアチブ管理を通じて組織のビジョンを実現できるよう支援します。

PMIは、プロジェクトマネジメントの代表的な専門職団体であり、世界のほぼすべての国の300万人以上の専門職に、世界的な提唱、協力、教育、調査を通して価値を提供しています。

詳細については、www.brightline.orgをご覧ください。

ブライトライン・コウリションについて

プロジェクトマネジメント協会(PMI)、ボストン コンサルティング グループ、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、サウジ・テレコム・カンパニー、リー・ヘクト・ハリソン、アジャイル・アライアンス、網易(ネットイース)

学術研究提携

MIT Consortium for Engineering Program Excellence – デンマーク工科大学 – 東京大学グローバル チームワークラボ – インスペル – デューク・コーポレート・エデュケーション – IESEビジネス・スクール

IESEビジネス・スクールについて

IESEはナバラ大学の経営学大学院で、創立(1958年)以来、欧州の経営学教育の先駆者として、堅固な経営スキル、世界志向の思考様式、社会に良い影響を与えたいという熱意を備えたビジネスリーダーの育成に努めてきました。ゼネラルマネジメントのアプローチ、ケースメソッドの広範な活用、国際的な取り組み、経営意思決定における人材中心主義を特色としています。

詳細については、www.iese.eduをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Brightline Initiative
Dr. Edivandro Carlos Conforto
Head of Strategy Research
edivandro.conforto@brightline.org

IESE Business School
Professor Joaquim Vilà
Professor of Strategic Management & Innovation
Academic Director of IESE’s Executive Education Focused Programs
JVila@iese.edu

情報提供元:
記事名:「ブライトライン・イニシアチブとIESEビジネス・スクールが変革と戦略実行の重要なトレードオフに関する研究で協力