ボストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ナイジェリアは、国際海洋法裁判所(ITLOS)で重要な勝利を収めました。これは、スイスによって提起された事件に関して2019年7月6日に下された決定によるものです。


このM/T San Padre Pio事件(スイス対ナイジェリア)における暫定措置命令では、スイス船籍の原油タンカー、その乗員、積荷を逮捕・拘束するナイジェリアの権利が認められました。この拘束は、必要な許可や認可を取得することなくナイジェリアの海域で炭化水素生産を行うための燃料油の船舶間移送に関わったことでナイジェリアの法律に違反したことが理由となっています。

2019年5月に、スイスはナイジェリアの法律執行行為に疑義を提起し、海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)に基づいて仲裁手続きを開始しました。スイスはまた、ハンブルクに存在する国際海洋法裁判所に対して、当該船舶の船長と士官に対するナイジェリアの刑事訴追を停止する命令と当該人員および船舶を解放する命令を要請しました。

今回の命令において、裁判所は、訴追停止を求めるスイスの要請を退けました。また、船舶と刑事被告の解放の条件として、1400万米ドル相当の保証金をスイスが提出することのほか、スイスが国際法に基づいて拘束力のある確約として、仲裁手続きにおいてナイジェリアが勝利した場合に刑事訴追を受けるために当該刑事被告がナイジェリアに戻ることを明確に保証することを定めました。

ナイジェリアの連邦訟務長官で連邦司法省事務次官のDayo Apataは、裁判所の決定を評価し、「ギニア湾での海事犯罪との闘いにおいて重要な位置を占めるナイジェリア法のこのような深刻な違反に関して訴追を進めるナイジェリアの権利の正当性」が認められたと語っています。

この裁判所での手続きでは、代理人のStella Anukamと共同代理人のChinwe UwanduおよびAmb. Yusuf Maitama Tuggar、法律チームがナイジェリアの代理を務めています。法律チームには、オックスフォード大学のDapo Akande教授、Foley Hoag LLPの3人のパートナー(Andrew Loewenstein、Tafadzwa Pasipanodya、Derek Smith)、Foley Hoagの弁護士のArsalan Suleman、Tracy Roosevelt、Peter Tzeng、Alejandra Torres Camprúbiが所属しています。

Foley Hoagは、UNCLOSで発生した事件を含め、他国との紛争における主権国家の代理を専門としています。Chambers Global 2019によれば、「海事法問題に関して、Foley Hoagに勝る法律事務所はありません。」

Foley Hoagについて
Foley Hoagは、世界各地の公共、民間、政府のクライアントに革新的で戦略的な法律サービスを提供しています。生命科学、医療、技術、エネルギー、プロフェッショナル・サービス、投資運用の分野に加え、国際紛争において優れた能力を持っています。当社のプロフェッショナルは、新興企業から多国籍企業や政府まで、さまざまなクライアントに卓越した上級サービスを提供できる能力と経験を持っています。詳細情報については、www.foleyhoag.comをご覧いただくか、ツイッターで@FoleyHoagをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Audra Callanan
Foley Hoag LLP
617.832.7010
acallanan@foleyhoag.com

 

情報提供元:
記事名:「ナイジェリアがスイスとの紛争で権利防衛に成功