戦略的買収により、ラヒはネットワークの導入とサポート、データセンター・インフラストラクチャー・ソリューションの能力拡大を実現



米カリフォルニア州フリーモント--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ラヒシステムズは、当社の総合環境戦略を強化する2件の新規買収を完了しました。この戦略は、ユーザーとの間で情報交換するデバイスおよびアプリケーションと、その背後にあるサポート技術のすべてを網羅する総合的なアプローチです。また、今回の買収により、ラヒは非常に効率的なデータセンター・インフラストラクチャー・ソリューションを世界中のお客さまに提供する能力が向上します。

ラヒによるセロ買収によって、ネットワークの設計、自動化、オーケストレーション、クラウドのインフラストラクチャーに関し、付加的な専門力がもたらされます。セロのチームは、カリフォルニア州フリーモントにあるネットワーク・オペレーション・センターを通じて、コンサルティングおよび導入のサービス、年中24時間体制のマネージドサービスを提供しています。同社の部品表の作成と検証、注文管理、ステージング、インテグレーション、配送のサービスは、ラヒの世界的な流通と物流の能力を補完・強化します。

ラヒシステムズの最高経営責任者(CEO)で共同設立者のタルン・レーゾニーは、次のように述べています。「ネットワークは、当社の総合環境製品の重要な構成要素です。適切なネットワークを設計する能力によって、お客さまには向上した効率性、生産性、回復力を含め、ビジネス上の真のメリットがもたらされます。セロには、この独自の価値をお客さまに提供できる優秀なエンジニアのチームがあります。セキュリティー、信頼性、拡張性を備えたネットワークを構築する能力を拡大できることを非常にうれしく思います。」

オーストラリアを拠点とするパイテックは、ラック、キャビネット、アイルコンテインメント製品に加え、フリーアクセスフロア、構造化天井、配電用バスダクト、気流管理のための独自のデータセンター・ソリューションを提供しています。パイテック設立者のトニー・コーリーは現在、ラヒシステムズ・オーストラリアのゼネラルマネジャーとして、急成長地域におけるラヒのプレゼンス構築に貢献しています。

レーゾニーは、次のように述べています。「コーリーはデータセンター業界で30年以上の経験があります。コーリーとそのチームには、お客さまの市場投入を早められるように、インフラストラクチャー・ソリューションのより効率的な提供を支援してもらいます。パイテックのソリューションは、当社が現在提供しているラック、キャビネット、冷却ユニット、ケーブル配線、コンポーネント、付属品という製品を補完し、世界中のお客さまに提供するソリューションの幅を広げてくれます。」

ラヒシステムズの事業構想についての掘り下げた詳細情報と、最近の買収に関する詳細情報については、ラヒ・アップデートをご覧ください。

ラヒシステムズについて

ラヒシステムズは、今日の総合環境のコスト、パフォーマンス、拡張性、管理可能性、効率性を最適化する一連のソリューションとサービスを提供しています。サービスプロバイダー、政府機関、企業のニーズと課題を深く理解する起業家によって2012年に設立されました。当社は、ソリューション指向の手法、傑出したサポート、顧客の成功を重視する文化によって成長してきました。カリフォルニア州フリーモントに本社を置き、米国、インド、香港、シンガポール、中国、トルコ、アイルランド、オランダ、英国、日本、オーストラリアにオフィスを構えています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Alison Lolis
VP of Marketing
510.651.2205
alison@rahisystems.com

情報提供元:
記事名:「ラヒシステムズがセロとパイテックを買収