ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- グローバル金融・経済情報会社のムーディーズ・アナリティックスは、コンセンサス・エコノミクスの2018年米国予測精度賞を受賞しました。



受賞者の決定にあたり、コンセンサス・エコノミクスは、2017年1月~2018年12月に行われた2018年の米国の国内総生産(GDP)と消費者物価(CPI)の伸び率の予測を検証しました。最も正確だったのは、チーフエコノミストのMark Zandi(マーク・ザンディ)が監督する自社の世界経済モデルに基づくムーディーズ・アナリティックスの予測でした。

予測管理チームを監督する副チーフエコノミストのChris deRitis(クリス・デリティス)は、次のように述べています。「コンセンサス・エコノミクスからこの賞を獲得できて光栄です。これは、信頼性の高い予測と知見をお客さまに提供するという当社の取り組みを裏付けるものです。当社のお客さまは、戦略的計画およびリスク管理のニーズのために、当社が提供する信頼性のある経済シナリオを活用しています。」

ムーディーズ・アナリティックスによる米国のGDPおよびCPIの予測とその他の市場を動かす指標の予測は、同社の世界マクロ経済モデルを用いて作成されています。この構造型計量経済学モデルは、1万2000以上の経済圏、人口動態、金融時系列を予測し、世界のほぼすべての経済活動をカバーしています。この世界マクロ経済モデルによって作成された予測とシナリオは、受賞歴のある信用リスクおよびストラクチャード・ファイナンスの製品およびサービス等、ムーディーズ・アナリティックスの数多くのソリューションで使用されています。

世界マクロ経済モデルは、ムーディーズ・アナリティックスのScenario Studioプラットフォームを通じてご利用いただけます。このプラットフォームは、ユーザーによる厳格なガバナンス・プロセスに裏付けされたリアルタイムの協働環境で経済シナリオと予測の作成を可能にします。

なお、今回のコンセンサス・エコノミクスの予測精度賞の受賞により、当社が受賞してきた賞や業界の栄誉がまた1つ増えました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Justin Bursztein
Moody’s Analytics Communications
001.212.553.1163

Katerina Soumilova
Moody’s Analytics Communications
001.212.553.1177

Moody’s Analytics Media Relations

情報提供元:
記事名:「ムーディーズ・アナリティックスがコンセンサス・エコノミクスの予測精度賞を受賞