• 新たな任命によってフィネオス取締役会を強化し、市場拡張と企業成長を支える

ダブリン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 生命・傷害・健康保険向けの団体・任意・個人保険コアシステムの提供で市場をリードするフィネオス・コーポレーションは本日、アン・オドリスコル氏マーティン・フェイ博士が非業務執行取締役としてフィネオス取締役会に参加した発表しました。



オドリスコルは公認会計士であり、Comminsure insurance、ステッドファスト・グループ・リミテッド、インフォメディア・リミテッドに加え、MDA National Pty Limitedの取締役会に参加しています。オドリスコルは職歴をロンドンのPwCで始めました。PwCに在籍しながらオーストラリアのシドニーに転勤し、その後1992年にオーストラリア最大級の保険会社であるIAGインシュアランスに入社しました。IAGに13年間勤めた後、ジェンワース・オーストラリアに移ってCFOを務めました。オドリスコルはオーストラリアの保険市場で大きな知名度があり、取締役として立派な実績を持っています。

フェイは現在、オーストラリア退職年金基金連合会(ASFA)の最高経営責任者(CEO)を務めています。以前はKPMGのパートナーを務め、金融サービス、その他分野の顧客と協力しながら、変革の促進に当りました。2007年から2011年まで、オーストラリア金融サービス機構(FINSIA)のCEOでした。FINSIA以前はアジア太平洋地域で勅許管理会計士協会(CIMA)の戦略と開発を統括していました。アイルランド国立大学からPhDを取得済みで、フルブライト上級学者奨学金の受領歴があり、学者として広範な研究・政策活動の経験があります。シドニー工科大学の非常勤教授でもあり、そこで経営組織学(CMOS)センター諮問委員会委員長も務めています。

フェイ博士は5月23日にシドニーで開催されるフィネオスアジア太平洋サミットで基調講演を行います。私たちは、「変化する保険業界の状況:規制が一層厳しくなっている世界で完璧な履行と変革を実現する」と題するプレゼンテーションを楽しみにしています。

フィネオス取締役会のピーター・ル・ボー会長は、次のように述べています。「私たちはオドリスコルとフェイがフィネオスの取締役を務めることに合意したことに喜んでおり、2人の判断と鋭い識見から利益を得られるものと期待しています。金融サービスとIT変革における2人の経験は当取締役会に貴重な視点をもたらしてくれるでしょう。」

フィネオス・コーポレーションについて

フィネオスは世界の50社以上の生命・傷害・健康保険会社を顧客として抱え、米国の上位10社のうち7社、オーストラリアの上位5社のうち4社を顧客としています。世界各地に従業員とオフィスを擁するフィネオスは、北米・欧州・アジア太平洋の革新的かつ進歩的な保険会社と協力しながら、急拡大を続けています。

FINEOS Platformは、生命・傷害・健康保険分野の団体保険・任意保険・個人保険会社のために、保険金請求・保険料請求・保険契約を管理するための完全なエンドツーエンドのコアサービスを提供しています。FINEOS Platformには、コア製品スイートのFINEOS AdminSuiteのほか、デジタルエンゲージメントを支援するFINEOS Engageと、分析・レポーティング向けのFINEOS Insightがアドオン製品として含まれています。

詳細情報については、www.FINEOS.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Victoria Jamison
Marketing Manager
FINEOS Corporation
+ 353 1 639 9700
victoria.jamison@FINEOS.com

情報提供元:
記事名:「アン・オドリスコル氏とマーティン・フェイ博士がフィネオス取締役会に参加