通信事業者にオープンインターフェースのクラウドRANソリューションの簡素化された利用方法を提供

米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 通信サービスプロバイダー(CSP)のモバイルネットワークの経済性を変革するマベニアは、オープンRANのパートナー・エコシステムを発表します。これは通信事業者に提供する選択肢を増やし、革新的で柔軟なクラウドベースのオープンRANソリューションの容易な導入を支援するためのものです。マベニアはエンドツーエンドのシステム・インテグレーターとしての役割を担い、通信事業者の利用法を簡素化し、従来のハードウエア中心の占有的なベンダーに匹敵するサービスを開発します。


エコシステムのパートナーには、MTI、テコレ・ネットワークス、バイセルズ、NEC、エースアクシス、KMW、ベネテル、コムスコープ、ブルー・ダニューブ・システムズ、Airraysが含まれます。

マベニア社長兼最高経営責任者(CEO)のPardeep Kohliは、次のように述べています。「マベニアが常に、オープンなインターフェースを非常に精力的に推進してきたのは、CSPと業界全体のためになると確信しているからです。今後も、クラウドベースのアーキテクチャーと仮想化ソリューションを目指すあらゆる取り組みを、支援していきます。このエコシステムの構築は、本質的に従来の無線ベンダーに挑戦することになります。この取り組みは、従来のハードウエアベースの手法がもはや現実的な選択肢ではない世界において、通信事業者が新たな経済モデルを追求し続ける中、市場を一変させる破壊的で重要な意味を持つため、マベニアはほかの企業にもぜひ支援していただきたいと考えています。」

オーバムのサービスプロバイダーインフラストラクチャー/ソフトウエア担当プラクティスリーダーのDaryl Schoolar氏は、次のように語っています。「このオープンRANエコシステムの発表により、オープンRANソリューションの対象市場が拡大します。エコシステムのパートナーは、より多様な導入シナリオに対応できます。マベニアが相互運用性のテストとマルチベンダー統合を引き受けてくれるため、エンドツーエンドソリューションの統合によって、小規模な通信事業者はこれらのソリューションをより簡単に導入できるようになります。小規模な通信事業者は社内に、マルチベンダーネットワークの導入・管理に必要なリソースが不足している場合があります。」

ブルー・ダニューブのマーク・ピント最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「世界におけるモバイル変革は、5G、IoT、そして増え続ける容量に対する消費者需要によって規定されており、新しい経済とエコシステムをけん引しています。マベニアのパートナーとして最前線に立ち、ソフトウエアとオープンなエコシステムを推進できることに大きな期待を感じています。」

バイセルズの垂直市場販売担当バイスプレジデントのMinchul Ho氏は、次のように述べています。「バイセルズとマベニアによるxRAN相互運用性テストは、未来の5Gがやってきたことを物語っています。クラウドRANアーキテクチャーは、保守の運営経費の削減、規模の経済による効率化、セル間の調整改善による性能の大幅な向上など、通信事業者にいくつもの恩恵をもたらします。」

ベネテルのエイドリアン・オコーナーCEOは、次のように語っています。「シームレスな相互運用性を達成しつつ、高度な柔軟性を持つシステムを提供するのは、RRUベンダーとCSPコミュニティーの両者にとって大きな課題です。しかし、破壊的なエコシステムのパートナー企業や、マベニアのようなリーダー企業の力を借りて、今後数カ月間にエンドツーエンドのソリューションが実現します。」

相互運用性テストは、xRANオプション7.2分離仕様に基づき、すでに実施されています。最近、xRAN(現ORAN)の完全な仕様が正式にリリースされましたが、マベニアは同仕様に含まれる管理プレーン(Mプレーン)の策定に大きく貢献して、包括的でオープンな仕様が実現しました。マベニアは今後も、オープンRANコミュニティーとオープンRANソリューションの商用提供に傾注しているエコシステムのパートナーと共に、Option 7.2分離仕様の最新版のテストを行っていきます。

このアプローチは、イーサネット・フロントホール(FH)を介して、市販されている(ホワイトボックスの)リモートラジオユニット(RRU)を仮想化クラウドベースバンドユニット(vBBU)と連動できるため、オープンRANを活用したい通信事業者に選好されています。CSPは、閉鎖された占有的仕様がもたらす抑圧的な制約から解放されるほか、国によっては大きな経済的負担となるRRUフロントホール向けのダークファイバーを敷設する必要がなくなります。CSPはフロントホールとバックホールを、マイクロ波やIP/MPLS技術などの従来手法で提供し続けることができます。

マベニアについて:

マベニアは通信サービスプロバイダー(CSP)のためのモバイルネットワーク経済のあり方を変革することに専心しています。当社の革新的ソリューションは 100%ソフトウエアベースのエンドツーエンドのクラウドネイティブネットワークソリューションによって5Gへの道を開きます。マベニアはVoLTE、 VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、vEPC、クラウドRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、 130カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニアは経費削減収益確保収益保護の支援をCSPに提供します。詳細はmavenir.comをご覧ください。

Mavenir、Mロゴ、Cloud Rangeはマベニア・システムズが所有する商標です。

Copyright © 2018 Mavenir Systems, Inc. All Rights Reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mavenir
Maryvonne Tubb
PR@mavenir.com
or
MatterNow
Lydia Fakhouri
mavenir@matternow.com
or
GlobalResultsPR
Kevin Taylor
mavenir@globalresultspr.com

情報提供元:
記事名:「マベニアがオープンRANのエコシステム構築を先導