仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--拡張アイデンティティ(信頼性の高い身元認識)技術分野での世界におけるリーダーであるIDEMIA (本社 :フランス パリ、CEO :ディディエ・ラムシュ/日本法人 :アイデミア・ジャパン株式会社、本社 :東京都 千代田区、代表取締役 :根津 伸欣)は、日本でのGoogle Payの対応開始に向けて、日本発で唯一の国際カードブランドである株式会社ジェーシービー(以下、JCB)と提携すると本日発表した。


ユーザーは携帯電話を使って、お持ちのJCBブランドのクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードをGoogle Payに設定することにより、日本全国のコンビニ、スーパーマーケット、ドラッグストア等QUICPay(クイックペイ)TM加盟店で非接触型決済が行えるようになります。

JCBカード会員のGoogle Payの利用においては、アグノスティックかつ拡張性のあるトークナイゼーション、デジタリゼーションインフラであるJCBトークン・プラットフォーム(JTP)を活用します。このプラットフォームは、デジタル決済ソリューションとして実績のあるIDEMIAフィールドにて提供され、JCBのみならずカード発行やプロセシングを行うJCBのパートナーは、リアルタイム登録・プロビジョニング・トークナイゼーション等の機能をユーザーに対し提供できるようになります。日本のユーザーは、Android 5.0以上のおサイフケータイ(R) アプリ(6.1.5以上)に対応した「Google Pay」アプリに自分のJCBカードを追加できようになります。

JCBブランド事業統括部長陽川勝樹氏は次のように述べています。「QUICPayの幅広いアクセプタンスネットワークを活用することでGoogle Pay のサービスをお客様に提供することができ、非常にうれしく思っています。シンプルで直感的なユーザー・インターフェースを備えた本支払いサービスによって、JCBカード会員様の利便性とユーザー体験をより向上させることができるものと確信しています。本サービスの提供にあたってJCBのトークンプラットフォームであるJTPがコアな役割を果たしますが、この分野で実績のあるIDEMIAと協力し、同プラットフォームにGoogle Payの機能を付加することができたことに大変満足しています。」

アイデミア・ジャパン 代表取締役 根津伸欣は次のように述べます。「我々は、JCBとの共同開発により、Google Payに対応したことを誇りに思います。今回の共同開発は、両者の長期にわたるパートナーシップにおいても重要なマイルストーンとなります。IDEMIAはJCBがモバイル決済を可能にするために選んだパートナーであり、IDEMIAのフィールド、つまり実績のあるデジタル・イネーブルメント・プラットフォームにより実現されます。IDEMIAの技術とサービスは世界各地で既に数千万のカードをデジタイズしています。」

「QUICPay(クイックペイ)TM」は、非接触決済プロダクトであり、JCBの登録商標です。

Google PayとGoogleはGoogle LLC(有限責任会社)の登録商標である。Google Payに関する詳細情報は、以下のウェブサイトで閲覧できる。https://pay.google.com/about/

おサイフケータイは日本でだけ契約できるサービスで、株式会社NTTドコモの登録商標である。

JCB社について

日本発唯一の国際カードブランドを運営する企業として、JCBカードを利用できる加盟店ネットワークを展開するとともに、アジアを中心に国内外のパートナー企業とJCBカードの発行を拡大しています。また、総合決済サービス企業として、お客様やパートナー企業の期待にお応えする様々な事業を展開しています。詳細は以下をご覧ください。

株式会社ジェーシービー 企業サイト(https://www.global.jcb/ja/about-us/company/

IDEMIA社について

旧名「OT-Morpho」のIDEMIAは、ますますデジタル化する拡張アイデンティティの世界的リーダーで、市民と消費者が、接続された環境において、相互にやりとりし、支払い、接続し、旅行や投票もできるようになることを将来の目標に掲げています。

私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張アイデンティティを実践することで、IDEMIA は人とモノの両方を対象に、アイデンティティという資産について考え、それを生成、利用、保護するための新たな方法を生み出しています。IDEMIA では、全世界の金融、通信、アイデンティティ、セキュリティ、IoT分野の顧客のために、プライバシーと信頼を確保すると同時に、認証済みの、安全で検証可能な取引を保証します。

IDEMIA は、OT(オベルチュールテクノロジーズ)と Safran Identity & Security(Morpho:モルフォ)の合併により誕生しました。IDEMIAは、世界で14,000人の従業員を擁し、約30億ドルの収益を達成、180カ国の顧客にサービスを提供しています。IDEMIA社に関する詳細情報は、ウェブサイトwww.idemia.com、ツイッター@IdemiaGroupで閲覧できる。


Contacts

Press
Havas Paris
Hanna SEBBAH
idemia@havas.com

情報提供元:
記事名:「日本でのGoogle Pay対応開始に向けて、IDEMIAとJCBが提携