アトランタ--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- ヤン・ミン・オンがテキサスチキン事業担当副社長に任命されたことが発表されました。オンは、アジア太平洋、中東、黒海沿岸における主要業務を監督し、16カ国以上を担当します。シンガポールを拠点とするテキサスチキン事業チームの一員として、オンの強力な経営・運営経験は、多様なブランド市場にわたる運営、訓練、開発、マーケティング、戦略を監督する上で重要な役割を果たします。


チャーチズ・チキンおよびテキサスチキンのブランドの国際事業とグローバル開発を担当する執行副社長のTony Moralejoは、このように述べています。「ヤン・ミン・オンを私たちのチームの一員として任命したことを発表でき、実にうれしく感じます。新鮮で積極的なアイデアを取り込んで利益率の改善を推進するオンの能力は、担当するテキサスチキンのあらゆる市場で大きな資産となるでしょう。」

以前には、オンは、ヤム・ブランズで運営、財務、戦略の主導的職を務め、直近ではKFCアジアで戦略およびフランチャイズ収益性責任者を務めました。オンは、ヤム・ブランズで地域のリーダー・チームに所属し、戦略的ロードマップを策定しました。また、ブランドの幅広い地域サプライチェーンを監督しながらフランチャイズ利益率の拡大を推進しました。ヤム・ブランズ以前には、オンは、ボストン コンサルティング グループ(BCG)に勤務し、企業に事業再建についての助言や、新興市場を中心とした成長戦略についての助言を行いました。

オンは、このように語っています。「テキサスチキンは世界的なブランドであり、この任命は名誉です。これは、世界で最も強力なブランドの1つを代表する機会であり、支えていただける素晴らしい従業員と経営陣の協力もいただきながら、最高のサービスと最高品質の製品を継続的に提供していきます。」

オンは、マレーシアの市民であり、クアラルンプールで育ちました。英国のケンブリッジ大学で経済学の修士号を取得し、シンガポールのINSEADでMBAを取得しています。

テキサスチキンについて

1952年にジョージ・W・チャーチがテキサス州サンアントニオで設立したチャーチズ・チキン(アメリカ大陸以外では姉妹ブランドのテキサスチキン)は、世界最大のクイックサービス・レストラン・チェーンの1つです。両ブランドとも、新鮮なものを一日中少しずつ調理するオリジナルのスパイシーチキンを専門に提供し、チキンの衣は手作業でダブルに付けられています。テンダー・ストリップス、ハニーバター・ビスケットは完全自社製造で、焼きたて、クラシック、ホームスタイルのサイドメニューもすべて価値の高いものを提供しています。チャーチズ・チキンとテキサスチキンは、世界各地27カ国1650カ所以上に拠点を持ち、グループ全体の売上高は10億ドルを超えています。テキサスチキンのフランチャイズ機会の詳細情報については、http://www.churchs.com/franchise_get started.phpをご覧ください。チャーチズ・チキンの詳細情報については、http://www.churchs.comをご覧ください。チャーチズのフォローは、http://www.facebook.com/churchschickenhttp://www.twitter.com/church’s chickenで可能です。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20180403006498/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For Texas Chicken®
Peyton Sadler, 305-631-2283
peyton@inklinkmarketing.com

情報提供元:
記事名:「ヤン・ミン・オンがテキサスチキン事業担当副社長に就任