カタール・ドーハ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- QNBグループは、当社資本の非カタール人保有割合を25%から49%に引き上げることの承認を当行の臨時株主総会に提案する予定です。これは、経済活動への非カタール人資本の投資を規制する2014年法律第9号の関係規定に従ったものであり、関係規制当局による承認の対象となります。



修正案に対する適切な規制当局の承認を得た後に、この件に関する議題を追加することで、QNBの定款の修正案を提出して承認を得るための臨時株主総会を招集します。

QNBグループは、適切な時期に臨時株主総会の日付と場所を発表いたします。

子会社と関連会社を通じてQNBグループの拠点は世界の3つの大陸、31カ国以上に広がっており、高度で総合的な商品とサービスを提供しています。従業員総数は2万8200人を超え、1230カ所以上の拠点でサービスを提供しており、ATMネットワークの端末設置台数は4300台を超えます。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

QNB Group
Yousef Jassim Fakhroo, +97444975704
pr@qnb.com

情報提供元:
記事名:「QNBグループ、カタール人以外の株式保有限度を49%に引き上げることへの株主承認を求める