アラブ首長国連邦ラスアルハイマ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ラスアルハイマ・アメリカン大学(AURAK)はアル・ヌアイミ・グループと、研究の拡充、学生がコンテストに備えるための支援、学生の就職機会の向上に関する了解覚書を交わしました。



アル・ヌアイミ・グループはラスアルハイマの建設請負・建設管理企業として道路・インフラ開発を専門としており、混合コンクリート、建築用ガラス、金属加工品を供給しています。両組織は共同での調査研究、関連トピックを取り上げるカンファレンスへの相互招待、ビル建設や土木工事などに関するワークショップとカンファレンスの共同開催で合意しました。

またアル・ヌアイミは、ドバイで11月に開催される2018年ソーラー・デカスロン・ミドルイーストに参加するAURAKの学生向けに、ゼロエネルギービルディングの専門知識、ツール、組み立てに関する支援も行います。デカスロンはドバイ電気・水道局(DEWA)と米国エネルギー省が創設した国際コンテストで、太陽光発電住宅を設計し、設計を高温で埃が多く、湿度の高い環境に適応させるのが参加者の課題です。コンテストは建築、工学、建設、エネルギー管理、エネルギー効率、快適な住環境、住宅の機能性、持続可能な輸送、持続可能性、コミュニケーション、イノベーションに基づいて評価されます。

アル・ヌアイミは、AURAK学生にインターンシップの機会を提供することで合意しました。両組織は年3回会合を開き、双方にとって将来的に利益となるよう、本覚書の拡大について検討していく計画です。

ハッサン教授はアル・ヌアイミ・グループとのパートナーシップを喜び、こう述べています。「本学がより実社会に近く実践的な教育支援を学生に提供できるなら、ラスアルハイマにとってより幸甚というものです。今に始まったことではありませんが、環境へ配慮する責任を学生に教え、環境保護に役立つ共同研究を実践することは素晴らしいことです。」

アラブ首長国連邦(UAE)のラスアルハイマ・アメリカン大学は、政府所有の高等教育機関で、北米スタイルの総合的な教育を提供しており、UAE高等教育・科学研究省の認定校として幅広い専攻の計22の学部課程と大学院課程を提供しています。本学は2017年7月に、南部大学学校協会大学委員会(SACSCOC)より候補校に選定されました。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

AURAK
Jessica Zani - Writer and Editor
Department of Communications and Public Relations, +97172210900 Ext: 1325
jessica.zani@aurak.ac.ae

情報提供元:
記事名:「ラスアルハイマ・アメリカン大学がアル・ヌアイミ・グループと了解覚書を交わす