スペイン・バルセロナ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界銀行グループのジム・ヨン・キム総裁は本日、同グループがGSMAおよび世界中のモバイルネットワーク事業者と提携すると発表しました。提携の目的は、モノのインターネット(IoT)から収集したビッグデータを活用して、極度の貧困を撲滅し、新たな経済成長の推進力を得ることにあります。


バルセロナで開催中の2018年GSMAモバイル・ワールド・コングレスで発表された本イニシアチブでは、モバイルネットワーク事業者によってIoTデバイスから収集された匿名データやスマートフォン利用の集約データから、掘り下げた知見を新たに引き出します。また、業界のリーダー、開発パートナー、政府にも協力を呼び掛け、個人のプライバシーを保護しながら、IoT実現のための環境構築に当たります。これは、モバイル通信業界と有力な国際開発銀行が関与するイニシアチブとしては初めて広範囲に及ぶものであり、800社近くのモバイルネットワーク事業者と300社超で構成される広範なモバイルエコシステムを代表するGSMAが音頭を取りました。

モバイルネットワークの拡大によって、世界規模のインフラストラクチャーが創設され、膨大な量のデータが生成されています。このデータは、社会・経済の発展を推進する上で、測り知れないほど貴重な価値があります。発展途上国には、38億人以上のユニークモバイル加入者がいます。これらの市場では、きれいな水や電気より、携帯電話にアクセスする人の数が多くなっています。GSMAインテリジェンスは、世界におけるIoT接続件数は、2025年までに250億件に達し、農作物のリアルタイムモニタリングから水漏れの検知までのすべてにおいて、IoTが実現すると予測しています。発展途上国における利用の急速な拡大によって、詳細な知見が大量に引き出され、開発事業に生かされます。

世界銀行グループのジム・ヨン・キム総裁は、次のように述べています。「モバイルネットワーク業界は、各国が経済発展のための新たな推進力を生み出す上で必要不可欠な接続機能を提供し、世界の市場システムをすべての人々のために機能できるようにするとともに、世界で高まり続ける強いニーズに対応しています。当グループは、このイニシアチブでモバイル業界と提携し、IoT、ビッグデータ、その他の新技術を活用して、世界最大の課題を解決していきます。」

GSMAのマッツ・グランリド事務局長は、次のように述べています。「この世界銀行グループとの新しいイニシアチブでは、当業界が構築したモバイルネットワークと当業界が提供するサービスを活用して、世界が今日直面している最も差迫した課題の一部に取り組みます。IoTとビッグデータを活用することで、私たちは農業から環境保護からその他に至るまで、広範な用途で活用できる詳細な情報を提供することができます。私たちは、今回の極めて重要なイチシアチブで世界銀行と協力できることをうれしく思っており、当団体に加入している世界の通信事業者に取り組みへの参加を促します。」

このイニシアチブでは、モバイル通信事業者に対し、各社の既存のIoTサービスまたは新たな試験事業や提携事業から収集されるデータを使用して、プロジェクトのデザインや改善ができるよう、詳細情報や分析結果を提供するように要請します。これは世界銀行グループのプロジェクトにおける開発成果を向上させる潜在力があります。同グループは昨会計年度、中低所得国における新規プロジェクトに約620億ドルの投資を約束しました。通信事業者や政府も、開発のためにビッグデータの使用を拡大することにより、サービス提供の向上、新しい指標や統計データの創出、一般の利用者や住民の生活の質の向上が可能となり、メリットがあります。

世界銀行グループでは、既にモバイル対応のIoTおよびビッグデータのプロジェクトへの適用において、成功事例を得ています。インドでは、腕輪形センサー(IoTデータ収集のウエアラブルデバイス)によって、料理用レンジからの有害排気ガスの自動モニタリングが行われています。センサーが生成するデータは、排気のきれいな料理レンジへの移行の推進に寄与しています。

また、世界銀行グループは、GSMAの「社会的利益のためのビッグデータ」の諮問委員会に参加します。GSMAは、モバイルネットワークに関係する開発イニシアチブの強力な支持者であり、世界銀行が主導するデジタル開発パートナーシップ(DDP)の設立パートナーです。

世界銀行について

世界銀行グループは、極度の貧困を撲滅し、繁栄の共有を促進するための世界規模の取り組みにおいて重要な役割を果たしています。世界銀行グループは、国際復興開発銀行(IBRD)、国際開発協会(IDA)、国際金融公社(IFC)、多数国間投資保証機関(MIGA)、投資紛争解決国際センター(ICSID)の5つの機関により構成されます。これらの機関は、100カ国以上の国で協働し、各国が開発上の最も緊急の課題に対応できるようにするための融資、助言、その他のソリューションを提供しています。世界銀行のデジタル開発に関する事業の詳細については、http://www.worldbank.org/en/topic/digitaldevelopmentをご覧ください。

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち300社以上は携帯電話機および端末メー カー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、 モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

World Bank
Washington
Mauro Azeredo
mazeredo@worldbank.org,
+1 (202) 460-2033
または
GSMA
Barcelona
Beau Bass
beau.bass@webershandwick.com
+44 79 7662 4962

情報提供元:
記事名:「世界銀行グループとGSMAがIoTビッグデータを開発に活用するための提携を発表