スタートアップ企業のエクスペリエンスを個別化すると同時に顧客やパートナーに発見の機会を提供する世界的なプログラムを拡充

スペイン・バルセロナ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ビザ(NYSE:V)は本日、一段とダイナミックなプログラムが用意され、新たな参加国を迎えて参加者に対する支援も強化した2018年のVisa’s Everywhereイニシアチブの開催を発表しました。Visa’s Everywhereイニシアチブは世界的なイノベーション・プログラムで、スタートアップ企業に対して将来のビジネス課題の解決、製品企画の一段の強化、ビザの巨大なパートナー・ネットワークに向けた先進的なソリューションの提供を呼び掛けるものです。



2018年のVisa’s Everywhereイニシアチブでは、プログラムの参加者に地域別の課題を提示し、デジタルコマース・ソリューションを推進する幅広いアプローチがとられます。今年のプログラムの内容は以下の通りです:

  • 充実した参加国:2018年の参加地域は5大陸にまたがり、当面の2つのプログラムのうち1つは3月19日に米国で、もう1つは3月15日にロシアで開始されます。今年は、以下の地域でVisa’s Everywhereイニシアチブが開催されます:
    • 北米:米国
    • アジア太平洋:タイ*、ベトナム*、中国
    • 中南米:メキシコ、コロンビア、ペルー、チリ、ブラジル、アルゼンチン
    • 欧州、中東:ロシア*、今後欧州の国が追加される予定
    • アフリカ:サハラ以南アフリカ*
  • 新たな参加者:Visa’s Everywhereイニシアチブでは、学生に焦点をあてた3つのイニシアチブ、すなわち欧州でのJunior Achievementとのパートナーシップ、ロシアの2018 VEIプログラムへの学生の参加、米国ノースウエスタン大学の「MMM学生プログラム」を新たに加え、次世代のイノベーターの参加を促します。
  • ダイナミックなフォーマット:国単位で競い合う伝統的な形式に加えて、スタートアップ企業によるVisa’s Everywhereイニシアチブへの参加方法に選択肢を設けます。その候補として、ビザのグローバルなイノベーションセンターのネットワークにおけるイマージョン・ワークショップ、ビザのグローバルなパートナー・ネットワークでの交流の機会、地域別のコンペティションの拡充などが考えられます。
  • 革新的なブリーフ:ビザのInnovations for a Cashless World: Consumer Desire and the Future of Payments報告で明らかにされたフィンテックを形作るグローバルなトレンドを支えることを目的に、スタートアップ企業が現在のコマース環境における最大の課題に対応するためのブリーフを提示します。例えば、中南米でのデジタル決済へのアクセスの拡大、北米における対話形式のコマース・ソリューション、アジアでの海外旅行、欧州のオープン・バンキング・ソリューションなどです。
  • 支援の手:受賞者には、賞金、ビザ・デベロッパー・プラットフォームのAPIを通じたビザの商品・サービスへのアクセス、ビザの専門家による指導と支援、銀行、商業、政府の各セクターの主要なフィンテック関係者へのエクスポージャーが提供される可能性があります。

ビザのイノベーションおよび戦略パートナー担当上席副社長のシブ・シンは、次のように述べています。「Visa’s Everywhereイニシアチブは、新興技術を発見して支援し、現在のデジタルコマースの最大の課題への応用を促進できる比類ないプログラムです。確立されたイノベーション・ハブへの地理的な距離に縛られることなく、世界の隅々から極めて優れたアイデアが提示されており、ビザおよびそのパートナーにとって最も有望なスタートアップ企業と連携する有効な手段となっています。」

2015年に初めて開催されて以来、Visa’s Everywhereイニシアチブは、将来の限界を広げようとする企業から実生活における迅速な決済手段の開発を目指す企業まで、130を超える最終候補に100万ドルを超える賞金を授与し、指導を行ってきました。その一例が2016年の米国プログラムの受賞者のLISNRであり、ビザとビザのアジア太平洋地域のパートナーと共に音で通信することにより決済を行うための方法を開発しています。

LISNRのロドニー・ウィリアムズ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「音により決済その他の金融サービスをサポートするという可能性への扉を開いてくれたのはVisa’s Everywhereイニシアチブです。過去数年間、私たちはこの概念を立証するためにビザと緊密に協力しており、非接触型決済を音によるデータ通信で補完できる日を目指して開発に取り組んでいます。」

またビザは、コマース分野のエコシステムの限界を切り拓いているIncreaseCard(中南米)、QPal(中東)、EasyShare(アジア太平洋)、HopOn(欧州)、Losant(北米)などの過去の受賞者と継続的に連携しています。

2018年のVisa’s Everywhereイニシアチブの内容、参加方法、参加条件の詳細については、https://usa.visa.com/visa-everywhere/everywhere-initiative.htmlをご覧ください。

* Visa’s Everywhereイニシアチブの2018年の新たな開催国

ビザについて

ビザ・インク(NYSE: V)は、デジタル決済で世界をリードしています。その使命は、安全で信頼のおける革新的な決済ネットワークで世界を結び、消費者、企業、経済全体に利便性をもたらすことです。当社の高度な世界的処理ネットワークのVisaNetは、安全で信頼性の高い決済手段を世界で提供し、毎秒6万5000件を超える取引を処理する能力を備えています。当社の技術革新に対する献身が端末を問わないコネクテッドコマースの急速な成長を推進し、あらゆる人が場所を問わずキャッシュレスで決済できる未来という目標を後押ししています。世界規模でアナログからデジタルへの移行が進む今、ビザは当社のブランド、商品、人材、ネットワーク、スケールを活用して、商取引の新たな未来を切り開きます。詳細情報については、usa.visa.com/aboutvisa、visacorporate.tumblr.com、@VisaNewsをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Visa Inc.
Katie Harris-Maines, 415-810-4930
kathharr@visa.com

情報提供元:
記事名:「Visa’s Everywhereイニシアチブが世界のフィンテック企業に2018年のプログラムへの参加を呼びかけ