デンマーク・コペンハーゲン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アイデンティティー管理およびアクセス・ガバナンス・ソリューションの有力プロバイダーで欧州と北米にオフィスを持つOmadaは、ガートナー(情報技術リサーチおよび助言会社の世界最大手)から、アイデンティティー・ガバナンスおよびアドミニストレーションのマジック・クアドラント(2018年)でチャレンジャーに評価されました


OmadaのMorten Boel Sigurdsson最高経営責任者(CEO)は、このように語っています。「このことは、すぐに使える強力な機能とプロセス、しっかりしたレポート能力、使いやすさと保守の容易さ、強力なベストプラクティスの枠組みを備えたソリューションを提供できる当社の能力が確認されたことになると当社では考えています。このようなソリューションにより、顧客アイデンティティーおよびアクセス・ガバナンス・モジュールといったお客さまのニーズに応えています。エンドユーザー・エクスペリエンスは組織全体でよく理解・認識されていますので、お客さまにもそのパートナー各社にもメリットがもたらされています。当社のソリューションを利用する企業は、リソースや資産を従業員やB2Bパートナー(プロバイダーや顧客)と共有することができます。自動化されたガバナンス・プロセスにより、セキュリティーコンプライアンスが犠牲になることはありません。そのため将来も長く価値を保つソリューションとなっており、アイデンティティーをさらに有効活用するという当社のミッションによく適合しています。」

Omadaアイデンティティー・スイート

Omadaアイデンティティー・スイートは、アイデンティティーおよびアクセス管理のための強力なガバナンスおよびアドミニストレーション機能を提供します。これには特に、アイデンティティー・ライフサイクル・プロセス全体のためのツール、アクセス・リクエスト・プロセス、ポリシー管理、アクセス再認証が含まれ、オンプレミスでもアズ・ア・サービスとしても提供可能です。

アイデンティティー管理およびアクセス・ガバナンスのための統合ソリューションは、監査、レポート、コンプライアンス・ダッシュボードのための高度なそのまま使える機能が揃っているほか、導入や価値創出を迅速にするための標準プロセスも組み込まれています。

*Gartner, Magic Quadrant for Identity Governance and Administration, Felix Gaehtgens, Brian Iverson, Kevin Kampman, 21 February 2018

免責:

ガートナーは、リサーチ出版物の中で取り上げられているベンダー、製品、サービスを推奨しているわけではなく、最高の格付けやその他の評価を得ているベンダーのみを選択することをテクノロジー・ユーザーに助言しているわけでもありません。ガートナーのリサーチ出版物は、ガートナーのリサーチ組織の意見によって構成されており、事実の言明であると理解すべきではありません。ガートナーは、本リサーチに関して、商品性や特定目的への適合性の一切の保証を含め、明示的あるいは黙示的なすべての保証を否認します。

Omadaについて

2000年以来、Omadaは世界各地の組織がシステムやアプリケーションへのユーザーのアクセス権に関係するビジネス・プロセスの管理と統制ができるようにしてきました。当社の実証されたテクノロジーと柔軟なプラットフォームを活用しながら、お客さまがアイデンティティー・リスクを管理し、効率を最大化し、持続可能なコンプライアンスを達成できるようにお手伝いしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Omada
Anne-Louise Dam-Rasmussen
adr@omada.dk

情報提供元:
記事名:「ガートナーのアイデンティティー・ガバナンスおよびアドミニストレーションのマジック・クアドラントで、Omadaが強力な実行能力を持つと評価される