サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・タックス・アンド・リーガルは今週、カイロに本拠を置くエジプトの税務・法律事務所のマヘル・ミラッド・イスカンデル・アンド・コが正式にアンダーセン・タックス・アンド・リーガルの名称を採用することで、エジプトに進出します。マヘル・ミラッド・イスカンデル・アンド・コは2017年7月にアンダーセン・グローバルの協力事務所となっており、2018年に入り提携事務所となってアンダーセンの名称を採用した3つの事務所の1つとなります。


エジプトのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルのマネジングパートナーのマヘル・ミラッド・イスカンデルは、次のように述べています。「卓越した税務・法務サービスの提供を重視するアンダーセン・グローバルの戦略は当事務所に数多くの優位性をもたらすことになり、国際的なクライアントに一段と優れたサービスを提供することが可能になります。引き続きアンダーセンのチームと連携していくとともに、世界中のアンダーセンの同僚を通じて世界的なレベルでクライアント重視の革新的なソリューションをスムーズに提供していくことを楽しみにしています。」

グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「エジプトは世界で最も高い成長を遂げている市場であり、エジプトでのアンダーセンの名称の採用は、まさに最適なタイミングで実現しました。中東での拡大戦略を継続する中、相乗効果の大きいパートナーとの提携により、この魅力的な市場でクライアントのニーズに応えることのできる最適な基盤が整いました。これまでの協力事務所としての期間から提携事務所となった現在まで、エジプトのチームは当組織の価値と世界的レベルでのクライアントへの取り組みを明確に示す業界最高水準のサービスの提供に努めてきました。」

エジプトの事務所は、アンダーセン・タックス・アンド・リーガルの名の下で、引き続き合併・買収取引、株主合意書の作成と検証、会社の法的形態の変更、デューデリジェンス、資金提供合意書、融資合意書、雇用契約書の作成と検証、紛争解決や仲裁、商業および民事訴訟ならびに投資戦略の評価でのクライアントの代理など、広範にわたる法務・税務サービスをエジプト内外の営利団体および企業に提供していきます。さらに、これまでと同様、税務計画、リスク評価、コーポレート・ストラクチャリング、内部統制手順の検証、税務関連の研修、税務当局との交渉、エジプトのあらゆるレベルの法廷での企業の代理を含む総合的な税務サービスをエジプト企業およびエジプトで事業を行う外国企業に提供します。

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家で構成される法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより 2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、世界に2500人を超える専門家を擁し、提携事務所と協力事務所を通して世界に84カ所以上の拠 点を有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Andersen Tax
Shereen Ameri, 650-289-5742

情報提供元:
記事名:「アンダーセン・タックス・アンド・リーガルがエジプトで始動