ISFは世界中の21億人のプレーヤーをサポートするために設立

また、国際ソッカ連盟はサノス・パパドプロス氏を連盟の共同最高経営責任者(CEO)に選出

アラブ首長国連邦ドバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 国際ソッカ連盟(ISF)の初会合に、加盟25カ国と加盟申請書を提出する10カ国から52人の代表者が参加しました。参加者は、5/6/7/8人チーム制サッカーの国際連盟の設立を満場一致で賞賛しました。連盟は、世界中の少人数制サッカーのプレーヤー21億人の代表組織となることを目指しています。



Trunkwala副理事長は、選挙後に次のように述べました。「ソッカ・スポーツを発展させる取り組みに沿って、南アジア、中東、湾岸地域の何カ国かを訪問しました。この取り組みは、2018年10月にポルトガルのリスボンで開催されるソッカ・ワールド・カップの準備の一環です。」

一方、パパドプロス氏は、ISFの目的は恵まれないが才能のある人材を素晴らしい試合に出場できるようにすることだと述べました。

会議ではさらに、2019年に欧州チャンピオンズカップを含む多くの国際大会と地域大会もISFの下で開催することを決定しました。

イベントの写真は、こちらでご覧になれます:https://albumizr.com/skins/bandana/index.php?key=aapF#5

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

for ISF
Hannah Wallis, +4423401230333
executive@leisureleagues.net
www.soccafederation.com

情報提供元:
記事名:「国際ソッカ連盟がShahzaib Trunkwala氏を副理事長に選出