応援プロジェクト始動!


DIADORA UTILIY


フォークドバッジ

安全靴・作業靴メーカーのドンケル株式会社(所在地:埼玉県越谷市、代表取締役:岡田 哲夫)は、業界初の試みとして、20代のプロスニーカーが必要な若手現場ワーカーをサポートするプロジェクトを9月17日より開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/226625/LL_img_226625_1.jpg
応援プロジェクト始動!

https://www.instagram.com/p/CFJmoafAjGH/


■プロジェクト実施の背景
日頃働かれている現場ワーカーは、身につけるものや使う道具に費用がかかることでしょう。特に若手現場ワーカーはこれからを担う大切な原石ですので、足元の安心・安全を当社のディアドラユーティリティを提供させていただき、仕事のサポートやモチベーション、質の高いパフォーマンスを発揮していただき未来に輝きの放てる人材になっていただきたいと思いプロジェクトを立ち上げました。


■若者応援プロジェクトとは
20代のプロスニーカーを必要とする若手現場ワーカー達へ、ディアドラユーティリティのプロスニーカーを提供し、現場仕事をサポートするプロジェクトです。
・対象:1991年生まれ~2002年生まれの方で、仕事でプロスニーカーを必要としている方
・サポート期間:2020年10月17日~2021年10月16日(1年間)
・サポート回数:期間中2回
・募集人数:10名(男女問いません)
・当社公式インスタグラム@diadorautility_japan_officialにてご紹介可能な方
・オンライン会議へ御参加可能な方(期間中3~4回実施を予定いたしております)


■ディアドラユーティリティについて
ディアドラを象徴する「フォークドバッジ」は美しく、躍動感あふれるシンボルマークで有り、著名なデザイナー マルツィオ・ブロンバルが「鳥が獲物を捕らえ、翼を広げて大空に舞い上がる姿」をイメージしたもので、単にデザインだけのものではなく、アッパー材の伸びを抑えて足のホールド性を高める機能美の象徴です。さらに耐滑性や作業性、耐久性、安全性を日々追及しながら新しい“革新のプロスニーカー”を開発しています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/226625/LL_img_226625_3.jpg
フォークドバッジ

■ドンケル株式会社について
ドンケル株式会社は1946年創業の、安全靴・作業靴メーカーです。1990年代よりスニーカータイプの安全作業靴(プロスニーカー)の先駆けメーカーとして、2000年にイタリアDIADORA社と技術提携し、以来次世代の安全作業靴を開発し販売いたしております。革製のJIS規格安全靴で培った安全性能を、スマートでデザイン性の高いプロスニーカーに搭載し、これからも働く人々の足元を守っていきます。


■会社概要
商号 : ドンケル株式会社
代表者 : 代表取締役社長 岡田 哲夫
所在地 : 〒343-0824 埼玉県越谷市流通団地1-1-16
事業内容: 安全靴・作業靴の製造卸販売
URL : http://www.donkel.co.jp
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/226625/LL_img_226625_2.jpg
DIADORA UTILIY

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
ドンケル株式会社
担当 : 鈴木 博之
Tel : 048-990-1500
E-Mail: suzuki2@donkel.co.jp

情報提供元:@Press
記事名:「業界初の試み。20代のプロスニーカーが必要なヤングワーカーへ告ぐ!伊ブランド【DIADORAユーティリティ】が若者応援プロジェクトを9月17日より開始