秋野菜の“ちょい足し野菜”レシピ


かぼちゃ


生姜香る!水菜とかぼちゃのみそ汁


玉ねぎ

SEIYUは、野菜を簡単に、楽しく、おいしく摂取できるようにすることを目的とし、8月31日より、「毎日もっと野菜を食べよう!」を合言葉に、日本人に愛される定番のインスタント食品やレトルト食品にちょっとの野菜を加えて、1日あたり60gの野菜不足を解消する“ちょい足し野菜”プロジェクトを開始しています。
今回、秋が旬の野菜である、かぼちゃ、玉ねぎ、ナス、にんじんを使って時短で野菜不足も補える“ちょい足し野菜”レシピをご紹介します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_1.png
秋野菜の“ちょい足し野菜”レシピ

■かぼちゃ
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_2.jpg
かぼちゃ

・収穫は夏メインなものの、追熟することで甘みが増すため、秋からが食べごろ
・βカロテンやビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維など栄養の宝庫
・免疫力アップや冷え性改善などに効くと言われている
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_3.jpg
生姜香る!水菜とかぼちゃのみそ汁

<生姜香る!水菜とかぼちゃのみそ汁>
・調理時間:約10分
・かぼちゃ、水菜、生姜を使用
・水菜で日本人に不足しがちなカルシウムがとれる
・生姜には血流をよくする効果があり、疲労回復にも


■玉ねぎ
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_4.png
玉ねぎ

・主に春と秋で2回収穫シーズンがある玉ねぎ
・価格高騰が続いていたが、農林水産省によると9月は平年並みで推移と予測
・硫化アリルが含まれており、これがにおいや辛みの成分
・硫化アリルの一種である「アリシン」には血流をよくする効果がある
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_5.jpg
まんま玉ねぎビーフカレー

<まんま玉ねぎビーフカレー>
・調理時間:約11分
・玉ねぎ1個をまるまる使用
・牛肉に含まれているビタミンB1はアリシンと結合することでアリチアミンとなり吸収を高め、疲労回復が期待できる


■ナス
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_6.png
ナス

・夏野菜のイメージが強いが、昼と夜との温度差が大きくなる時期に収穫される秋ナスはやわらかくてみずみずしい
・価格高騰が続いていたが、農林水産省によると9月は平年並みで推移と予測
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_7.jpg
ラタトゥイユ焼きそばwithトマトケチャップ

<ラタトゥイユ焼きそばwithトマトケチャップ>
・調理時間:約19分
・ナス、玉ねぎ、パプリカを使用
・1日に必要とされる野菜の約7割がとれる
・パプリカは赤い方がβカロテンやビタミンCといった栄養素を多く含む


■にんじん
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_8.png
にんじん

・通年で食べられるイメージがあるが、秋から冬にかけてが旬で甘みや栄養が豊富
・βカロテンを多く含み、免疫力を高める効果や抗酸化作用がある
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_9.jpg
掟破り!ポテサラチーズ焼きそば

<掟破り!ポテサラチーズ焼きそば>
・調理時間:約13分
・にんじん、じゃがいもを使用
・じゃがいもとにんじんはエネルギーとなる炭水化物を多く含むため、手軽にエネルギー補給をしたいときに最適なレシピ


■“ちょい足し野菜”プロジェクトとは
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_10.png
“ちょい足し野菜”プロジェクト

「日本人の野菜不足」という課題解消のお手伝いをしたい。そんな思いを込めたプロジェクトが“ちょい足し野菜”プロジェクトです。厚生労働省が提唱する1日の野菜摂取目標 350gと日本人の平均野菜摂取量 290gの差である、60gの野菜を「みなさまのお墨付き」の定番食品にちょい足しすることで、意外な味の変化をもたらしたり、驚きの美味しさに生まれ変わるレシピ18品を、SNSで有名な料理家「ジョーさん。」「ぐっち夫婦」と開発しました。8月31日から10月31日の期間、全国のSEIYU330店舗にてレシピブック配布等を実施しています。

公式WEBサイト : https://www.seiyu.co.jp/campaign/ctv/
プロジェクト動画: https://youtu.be/Y_GktXDRNOQ


■レシピ開発:料理家紹介
【SNSで話題沸騰の料理家】
ジョーさん。
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_11.png
ジョーさん。

Webで“バズる”企画を得意としTwitterでのフォロワー数は24万超え
https://twitter.com/syokojiro
・2019年から1年足らずで24万フォロワーを超える超人気料理研究家
・Twitterで投稿した“春巻きの皮クレープ”、“アスパラのバターごはん”が20万いいね!を獲得
・バズったレシピを紹介する「ジョーさんのねとめし神レシピ」など著書多数
・メディア出演:TBS「サタデープラス」、NTV「スッキリ」、ABC「おはよう朝日です」など

ぐっち夫婦
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/225928/LL_img_225928_12.jpg
ぐっち夫婦

美味しく映える料理を得意としインスタでのフォロワー数は60万超え
https://www.instagram.com/gucci_fuufu/
・Tatsuyaさんは、ご飯のすすむ料理や一品ものが得意
・SHINOさんは、栄養士とフードコーディネートの資格を持つ
・インスタで投稿した“豚バラとズッキーニのレモン醤油炒め”などが2万3千LIKEを獲得
・メディア出演:KTV「セブンルール」、TBS「グッとラック!」

情報提供元:@Press
記事名:「“1日60gの野菜不足”と“コロナ禍で増加した料理負担”を解消!秋が旬の野菜を使った超時短“ちょい足し野菜”レシピのご紹介 ~価格高騰が落ち着く見込みの野菜を使ったレシピもご紹介~