e投票イメージ


ご利用プラン一例

ERP導入コンサルティング、システム基盤設計、電子投票シリーズ「e投票」導入・販売を手掛ける、株式会社グラント(所在地:大阪市北区、代表取締役:山崎 元彰)は2020年5月1日時点でシステム利用延べ人数が60万人を突破いたしました。
電子投票の特性上、密室に集まることなく選挙、総会、大会などを実施することが可能となり集団感染の予防に大きく貢献いたしました。これを受けまして、e投票がさらに多くの人々へ認知される投票システムになるよう周知いただければ幸いです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/213286/LL_img_213286_1.png
e投票イメージ

【タフな投票エンジンと信頼性の高いセキュリティレベル 電子投票システムの老舗として、投票の電子化をサポートいたします】

6月に役員選挙や総会を控える労働組合、学術学会へのe投票導入数が激増し、新型コロナウイルスの影響下において高い利便性と防疫性が発揮されています。
労働組合最大手の「トヨタ自動車労働組合」において約7万人が投票する組合選挙で使われるほどのタフな投票エンジンと、クレディセゾンのような金融に携わる企業の労働組合においても選挙で導入される高いセキュリティレベルの電子投票システムが選挙、総会、大会の運営を効率化いたします。
PTAにおける役員選挙からNPO法人における理事選任まで幅広くご相談いただき、ますます電子投票システムの重要性が高まり続けています。


【イレギュラー処理能力の高さが安心して導入いただける理由 団体ごとに適切なシステムをご提供いたします】

セキュリティ面の信用も重要ではありますが、導入時の心配や慣れないシステムへの不安を解消することも重視しております。ご希望される団体様には実際にシステムに触れて運用に合うかご確認いただける試験環境もご提供しております。総会、選挙における準備工数削減の実感、事務局および参加者が感じる利便性の向上、なにより投票の公平性を実感いただけます。
また、10余年にも及び蓄積された電子投票システムの開発ノウハウと、弊社の根幹となる事業でもあるシステムインフラ事業から成るイレギュラー処理能力の高さがe投票システムの信頼と実績を積み重ねています。


【アフターコロナに向けて 団体ごとに適切なシステムをご提供いたします】
新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するためにここ数ヶ月で多くの団体様にe投票が導入されました。しかし、コロナの収束を控えるこれからの時期により多くの団体様にe投票の利便性を知っていただければ幸いです。
たとえば組合大会や選挙を控える労働組合のような、コロナ収束後の業務に追われる団体にこそe投票は大きな効果を発揮いたします。事務局が抱える業務をシステムで定型化し、集計を自動化することで業務効率は格段に向上します。


【クラウド版は最短1営業のご提供で 費用は年間7万円~で使いたい放題】
e投票は5つのシリーズと3つのエディションでご利用団体様ごとに最適なシステムをご提案、ご提供いたします。

各シリーズと各エディションの詳細はこちら
https://www.e-tohyo.com/series

e投票は団体人数によって価格が変動します。1年目は初期導入費用が掛かりますが、2年目以降は年間利用料金のみお支払いいただくことで、選挙や総会、アンケート機能などが無制限でお使いいただけます。(ご利用期間中に人数が上限を超えますと、超過人数に合わせてご利用プランをご変更いただき、差額を別途ご請求いたします)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/213286/LL_img_213286_2.png
ご利用プラン一例

【会社概要】
商号 : 株式会社グラント
代表者 : 代表取締役 山崎 元彰
所在地 : 〒530-0044 大阪市北区東天満1-11-9 WAKEビル10F
設立 : 1995年12月
事業内容: 電子投票システムの設計・製造
ERP導入コンサルティング、システム基盤設計
資本金 : 1,000万円
URL : http://www.grant.co.jp


【e投票シリーズ(電子投票システム)】
ホームページ : https://www.e-tohyo.com/
Facebookページ: https://www.facebook.com/etohyo
特許(第5320529号・第5709918号・第5892972号)
商標(第5611026号)

情報提供元:@Press
記事名:「選挙、総会、大会、あらゆる集まりの自粛に貢献 累計投票者数60万人突破 民間で最も使われている電子投票システム「e投票」