民音シルクロード音楽舞踊考察団の団長として各国を訪問した小泉文夫氏


1979年から始まった「シルクロード音楽の旅」シリーズ


本年、民音音楽博物館は開館より15年を迎えました。この間、来館者数は200万人を超え、“世界を奏でる音楽博物館”として、多くの皆様に親しまれてまいりました。
この節目を飾る展示として、日本の音楽学者であり、国内をはじめ、世界の諸民族の音楽を現地で考察し、その存在と魅力を広く伝えた小泉文夫の人物像に焦点をあてた企画展を開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194747/LL_img_194747_1.jpg
民音シルクロード音楽舞踊考察団の団長として各国を訪問した小泉文夫氏

小泉文夫氏は、3度にわたり、民音シルクロード音楽舞踊考察団の団長として各国を訪問し、民音公演「シルクロード 音楽の旅」シリーズの企画を構成して、解説役の司会を務めました。この企画は、人々に音楽の世界を広げてきた小泉氏の研究・考察の成果と、音楽で世界を結びゆく民音の交流の理念が結実したものといえます。本年は、同シリーズがスタートした1979年より40年が経ちます。
本展は「小泉文夫と遙かなる音楽の旅」と題して一年を通じて開催し、前半のI期では、小泉文夫が56年の生涯を通して遺した音楽の「研究」「教育」「啓発」における業績を辿りました。後半となる今回のII期では、「シルクロード 音楽の旅」における考察の成果と交流の意義を留めていきます。
日本の音楽、そして世界の諸民族の音楽に向けた小泉文夫のまなざしを通して、あらゆる差異を超え、お互いに認め合う「音楽の力」を、改めて感じていただく展示となっております。

会期 :2019年10月12日(土)~2020年3月1日(日)
会場 :民音音楽博物館企画展示室
JR中央・総武線 信濃町駅 徒歩5分
時間 :[火~土]11:00~16:00 [日・祝]10:00~17:00
休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌日休館/年末休館予定)
入場無料

主催 : 民音音楽博物館
ホームページ: http://museum.min-on.or.jp/
企画 : 民音研究所
協力 : 東京藝術大学音楽学部 小泉文夫記念資料室

情報提供元:@Press
記事名:「民音音楽博物館開館15周年記念「小泉文夫と遙かなる音楽の旅」展 II2019年10月12日(土)より開催