感謝状授与


感謝状

平成30年7月豪雨および平成30年北海道胆振東部地震に伴い被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

工業用間接資材※通信販売最大手の株式会社MonotaRO(モノタロウ)は、5月13日(月)、平成30年7月豪雨および平成30年北海道胆振東部地震の貢献企業として、経済産業省から感謝状を授与されました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/183888/LL_img_183888_1.jpg
感謝状授与

◆ 21,000個超の必要資材を被災地へ
当社は、平成30年7月豪雨および平成30年北海道胆振東部地震の発生に伴い、各被災地で必要とされた安全保護ゴーグル、ゴム背抜き手袋、土のう袋、ショベル、ブルーシート、防じんマスク、ガソリン携行缶等合計150アイテム、21,000個超を、経済産業省への一括販売を通じて供給いたしました。いずれの災害発生時においても、仕入先様や配送業者様のご協力もあり迅速に対応することができました。


◆ 今後も資材供給を通じた災害支援に協力
当社の対応に対し、感謝状を授与いただいた経済産業省 島田 勘資様からは「被災者支援のための多岐に渡る品目の迅速なご提供に心から感謝を申し上げます。被災者の方々の避難所等での生活環境の改善に大きく寄与するものであり、復興に向けて、力強い後押しをいただけたと思っております」というお言葉を頂戴しました。
当社代表執行役社長 鈴木は「平時における災害発生時対応スキームの構築なども合わせて、当社内の支援体制を整えてまいります」と述べ、災害発生時における今後の協力姿勢を示しました。
当社は今後も、間接資材調達のプラットフォームとして、様々なものを必要とされる方々への迅速な資材供給を通じて、被災地の支援に協力してまいります。


● 株式会社MonotaROについて(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木 雅哉、URL: https://www.monotaro.com/ )
切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる製品1,800万アイテムを販売しています。2019年5月10日現在の登録ユーザー数は、約357万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月、東証一部上場。2018年度の12月期の 売上高は1,095億円。2019年度の12月期の売上高予想は1,362億円。


※ 工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたります。

情報提供元:@Press
記事名:「モノタロウ、経済産業省から感謝状授与 平成30年7月豪雨・北海道胆振東部地震災害に対する迅速な資材販売対応が評価