サービス案内ページ

翻訳・通訳・映像翻訳サービスを提供するブレインウッズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:相田 和宏)は、上場企業の英文開示をサポートする「IR英文翻訳・リライトサービス」の提供を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/183783/LL_img_183783_1.png
サービス案内ページ

<IR英文翻訳・リライトサービス>
https://www.brainwoods.com/translation/usage/investor-relations.html

東京証券取引所では、日本市場の国際競争力を高める目的で、上場企業に対して英文開示の義務付けを行う予定です。近年、海外投資家を呼び込むための整備は進んできていますが、英文開示を行っている上場企業は、東証1部で35%程度に留まります。海外投資家への対応については、IR(インベスター・リレーションズ)関連文書の英文作成に加え、海外投資家とのコミュニケーション全般の業務が発生するため、これらの対応が困難であると考える企業も多くあります。

ブレインウッズでは、これまで翻訳サービスと通訳サービスで培ってきたノウハウを基に、「IR英文翻訳・リライトサービス」を提供します。日本語原文からプロの翻訳者の手で丁寧に仕上げる英文翻訳サービスに加えて、お客様側で用意した英文や自動翻訳で生成した英文の対訳チェック・リライトも行います。プロ翻訳者による人力翻訳では、翻訳管理システム(TMS)や自動翻訳を併用し、定型文や基本用語・繰り返し部分の自動生成により翻訳費を抑えることが可能です。企業の方針、戦略や総括についての英文作成については、英文ライティングのルールやマナーに則りIR専任の翻訳者・校正者がチェックを行うことで、翻訳ソフトや自動翻訳だけでは成し得ない品質の文書を作成します。
加えて、同時通訳・会議通訳者の派遣やウェブサイト・印刷物の制作、映像編集も行っておりますので、株主総会等でIRに必要な外国語サービスを総合的に提供することが可能です。


■IR英文翻訳・リライトサービスの特長
1.短納期に対応:自動翻訳を併用、翻訳管理システム(TMS)で複数の翻訳者・校正者チームで英文を作成。
2.海外投資家向けの、英文ライティングの原則に則ったクオリティーの高い英文を作成。
3.納品後のアフターケアも充実(レイアウトチェック・ゲラチェック・修正対応)
4.自動翻訳により作成された英文の品質をIR担当の専門翻訳者・チェッカーが最終確認
5.株主総会向けの通訳者派遣や映像翻訳(字幕・ナレーション・吹替)と連動してワンストップで海外投資家向けの外国語サービスを提供


■主な取扱文書
株主総会関連 :株主総会招集通知、決議通知、臨時報告書
決算関連 :決算短信、決算説明会資料、有価証券報告書、四半期報告書、
統合報告書、株主通信
総務・法務関連等:コーポレートガバナンス報告書、CSR報告書、ニュースレター、
登記簿謄本、定款、契約書、取締役会資料・議事録


■年間パッケージ料金例
対応文書等:決算短信・説明会資料など、年4回程度のオーダーの場合
料金例 :50万円~

対応文書等:決算短信(年4回)、説明会資料(年2回)、プレスリリースなど含め、
年10回程度のオーダーの場合
料金例 :120万円~

対応文書等:決算短信(年4回)、説明会資料(年2回)、プレスリリースなど含め、
年20回程度のオーダーの場合
料金例 :200万円~


■会社概要
名称 : ブレインウッズ株式会社
本社所在地: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-7-6 成和ビル3F
設立 : 2000年9月1日
資本金 : 1,000万円
代表者 : 代表取締役社長 相田 和宏
業務内容 : 翻訳事業、通訳事業、映像翻訳事業、
外国語人材派遣・紹介事業、
グローバル人材育成事業、多言語デザイン事業
URL : https://www.brainwoods.com/

情報提供元:@Press
記事名:「IR英文翻訳・リライトサービスで上場企業のIR活動をサポート 自動翻訳とプロ翻訳者による英文作成・リライトで短納期・高品質を実現