クリームチーズのみそ漬


クリームチーズのみそ漬 パッケージ

新潟県長岡市(旧 三島町)で味噌と漬物を作る、柳醸造株式会社※(本社所在地:新潟県長岡市吉崎100、代表取締役:柳 和子)は、やなぎ自慢の“コシヒカリ玄米味噌”を使用し、2019年1月より300個限定で販売していた「クリームチーズのみそ漬」の通常販売を4月より開始いたしました。
※「柳」の字は正しくは旧字体

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181926/LL_img_181926_1.jpg
クリームチーズのみそ漬

クリームチーズのみそ漬: https://www.yanagimiso.com/SHOP/45251.html


■クリームチーズのみそ漬
日本では飛鳥時代頃から乳牛の伝来と飼育が始まり、酪(らく)、蘇(そ)、醍醐(だいご)といった乳製品が作られましたが、この「醍醐」がチーズのことを指すと言われ、「醍醐味」という言葉の語源にもなっています。推古天皇の時代には、地方ごとにこの醍醐の品評会が行われていたという話も残っており、日本人のチーズの歴史も大分古くからあるようです。
「柳醸造」では、この古くから食されているチーズと日本の食文化の代表である発酵食品の味噌を融合し、今までにない、クリームチーズのみそ漬に仕上げました。2019年1月より300個限定で販売していましたが、お客様から好評のお声をいただき、この度通常販売といたしました。


■おいしい7つのヒミツ
1. やなぎの自慢の「コシヒカリ玄米みそ」を使用。
2. みそとチーズの発酵食品の融合。
3. オーストラリア産の濃厚クリームチーズを使用。
4. チーズのとろける舌触りと味噌の風味が最高!
5. じっくり長期低温熟成。熟成後は真空パックで旨味をそのまま閉じ込めました。
6. 常温保存できるのでおみやげにピッタリ!
7. ワイン、日本酒のおつまみにはもちろん、サラダ、クラッカーやパンと一緒に!
想像次第で食べ方は無限大です。


■アレンジいろいろ!活用レシピ
・マヨネーズと混ぜて野菜のディップソースに。
・ゆでた里芋やじゃがいもと合わせてみそ和えに。
・鮭や豚肉にみそを塗って、みそ漬け焼きに。

※みそに入っている米こうじの硬さが気になる方は、電子レンジで味噌を2~3分温めると米こうじがやわらかくなります。


■商品概要
名称 : クリームチーズのみそ漬
原材料名 : ナチュラルチーズ(生乳、食塩)、米みそ、黒糖、米こうじ、白ワイン、
本味醂、酒粕、醸造調味料/安定剤(増粘多糖類)
※一部に乳成分・大豆を含む
内容 : 35g
賞味期限 : 90日
保存方法 : 直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
価格 : 卸価格 476円(税抜)
小売価格 680円(税抜)
小売価格 734円(税込)
バーコード: 4979311452517
配送方法 : 常温便

本商品は、通信販売・直営店・一部の取扱店のみでの限定販売とさせていただきます。


■店舗概要
店舗名 : 柳醸造株式会社
所在地 : 〒940-2313 新潟県長岡市吉崎100
営業時間 : 8:00~17:00
定休日 : 土・日・祝日
公式通販サイト: https://www.yanagimiso.com/


店舗名 :やなぎ味噌 CoCoLo長岡店
所在地 :〒940-0061 新潟県長岡市城内町1-611-1 長岡駅ビル内
営業時間:10:00~20:00
電話番号:0258-36-1380



■企業概要
柳醸造は長岡市三島地域にあり、長岡駅から西へ20分ほどのところで、味噌、漬物を製造しております。三島地域は小さな地域ではありますが、昔から水の良い所として酒造、味噌醤油醸造、製麺業など食に関する産業が盛んで、現在でも酒蔵3件、味噌漬物製造、製麺業会社が営業しております。当社は明治二十年に米穀商の傍ら「こうじ」の製造販売を行い大正十二年に醤油、味噌の製造販売、昭和五十五年、長岡駅ビル出店に伴い、浅漬けの製造も手掛け今日に至っております。創業時より、「お客様の毎日の食卓のお役に立ちたい」という想いでお味噌や漬物を作っております。

商号 : 柳醸造株式会社
代表者 : 代表取締役 柳 和子
所在地 : 〒940-2313 新潟県長岡市吉崎100
設立 : 昭和32年4月
事業内容 : 味噌・漬物の製造販売
URL : https://www.yanagimiso.com/

情報提供元:@Press
記事名:「新潟の味噌屋が作った「クリームチーズのみそ漬」 好評を受け4月から通常販売スタート!