ブラッド・メルドー


トリオ(左からラリー・グレナディア、ブラッド・メルドー、ジェフ・バラード)(C) Michael Wilson

イベントの企画・制作・運営を行う株式会社サンライズプロモーション東京(本社:東京都港区、代表:高橋 一仁)は、2019年5月30日(木)に兵庫、6月1日(土)・3日(月)に東京で、ブラッド・メルドーの来日トリオコンサート、並びにピアノ・ソロコンサートを開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172610/LL_img_172610_1.jpg
ブラッド・メルドー

デビュー時、自らのトリオ作を“アート・オブ・ザ・トリオ”と称し常にジャズ・ピアノの芸術性を追求してきた現代最高のジャズ・ピアニスト、ブラッド・メルドーは、レディオヘッドやオアシスなどの楽曲をいち早くカバーするなど、ジャズという音楽の可能性を拡張させ続けてきました。
ビル・エヴァンスからキース・ジャレットを経由し、21世紀のジャズ・ピアノ界は、確実に、彼によって牽引されてきました。世界中を飛び回り、いくつものツアーを成功させるとともに、著名なミュージシャン達との数々のコラボレーションワークも残しているそのブラッド・メルドーが来日し、現在のレギュラートリオとソロピアノによって、今なお進化し続けている圧巻の演奏を披露します。至高のジャズ・ピアノを体感できる2019年最注目のコンサートの一つになること間違いありません。


●ブラッド・メルドーとは。音楽ジャーナリスト佐藤英輔氏より
右手と左手の斬新な噛み合わせが導く、清新にして自由なハーモニーやメロディ感覚や揺らぎ。そうした運指の奥から湧き上がる、とりとめもない誘いやロマンやドキドキ感。かようなブラッド・メルドーの演奏は同世代のピアニストたちに多大な影響を与え、明らかに今のジャズ・ピアノ演奏に変化をもたらした。その様相はまさしく、<ブラッド・メルドー、登場以前と以後>。メルドーは、まさに2~30年に一人出るかどうかの逸材である。彼の演奏に触れることは、ジャズという即興表現の途方もない奥深さ、ピアノが導く唯一無二のジャズ衝動を直裁に受け取ることにほかならない。今21世紀のジャズ・ピアノ至高の表現に触れたいのなら、メルドーの演奏に触れればいい。


●プロフィール
Piano【ブラッド・メルドー】
1970年、フロリダ州生まれ。NYのザ・ニュー・スクール大学(ロバート・グラスパーやホセ・ジェイムズらは後輩となる)を卒業後、ジョシュア・レッドマンのバンドに加入し、1995年にメジャーのワーナー・ブラザースから大々的にデビュー。2004年作『ライヴ・イン・トーキョー』以後はノンサッチに在籍。そんな彼の近リーダー3作は、ザ・パンチ・ブラザースのマンドリン奏者であるクリス・シーリーとのデュオ作(2017年)、J.S.バッハと自作曲を交互に並べるピアノ・ソロ作『アフター・バッハ』(2018年)、鉄壁のトリオによる『シーモア・リーズ・ザ・コンスティチューション』(2018年)。

Bass【ラリー・グレナディア】
1966年、サンフランシスコ生まれ。恵まれた音楽家庭に育ち、10歳でトランペットを吹き、翌年にはベースを弾き始める。1991年からはNYに居住し、チャールズ・ロイドやパット・メセニーら大御所たちの表現に次々と関与。メルドー・トリオにも1990年代半ばからずっと関与してきた。数多の参加アルバムに加え、フライやジャック・ディジョネット他らとのカルテット・ハドソンなどの自己バンド作もリリース。シンガー・ソングライターのレベッカ・マーティンを妻に持ち、一緒に来日公演をしたこともある。

Drum【ジェフ・バラード】
1963年生まれ、カリフォルニア州サンタクルーズで育つ。14歳からドラムを始めた。大学では音楽を専攻し、巨匠たちのジャズ・ドラム演奏を研鑚。20代半ばには、レイ・チャールズのツアーに3年間参加もした。1990年以降は、チック・コリア、ブラッド・メルドー、カートロゼンウィンケル、パット・メセニー、ジョシュア・レッドマンらの作品に参加。リーダーとしてもマーク・ターナーとラリー・グレナディアとのトリオ・バンドであるフライを組みECMからアルバムを出すとともに、2014年にはソニー/オーケーから自己作『Time's Tales』を発表している。


●開催概要
【公演名】
ブラッド・メルドー in Japan 2019

【開催日時】
5月30日(木) 19:00△ 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール(兵庫)
6月 1日(土) 15:00△ 東京国際フォーラム ホールC (東京)
6月 3日(月) 19:00☆ よみうり大手町ホール(東京)

※ 公演形態
△トリオコンサート(出演:ブラッド・メルドー、ラリー・グレナディア、ジェフ・バラード)
☆ピアノ・ソロコンサート(出演:ブラッド・メルドー)

<兵庫>
【料金】
S席 :7,500円
A席 :6,000円
当日座席指定券:4,500円
U-20 :2,000円

【チケット一般発売日】
2019年1月26日(土)10:00~ 各プレイガイドにて

【お問合せ】
キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00-18:00)

<東京>
【料金】
6月1日(土)
S席 :8,500円
A席 :7,000円
当日座席指定券:5,500円
U-20 :2,000円
6月3日(月)
一般:10,000円
U-20:2,000円

【チケット一般発売日】
2019年1月26日(土)10:00~ 各プレイガイドにて

【お問合せ】
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00-18:00)

【日本公演公式ページ】
https://www.bradmehldau-japantour.com/

【Facebook】
https://www.facebook.com/brad.mehldau.2019/

情報提供元:@Press
記事名:「人気・実力ともに21世紀最高峰のジャズ・ ピアニストブラッド・メルドー来日決定!5月30日(兵庫)と6月1・3日(東京)でトリオ&ソロ公演開催