『「すぐ決まる組織」のつくり方』

フォレスト出版株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:太田 宏)は、『「すぐ決まる組織」のつくり方』を、2018年11月8日に発売しました。

本書は、米軍、シリコンバレーでも採用されている戦略ツール「OODA(ウーダ)ループ」をビジネスの現場に導入することを解説した入門書です。
日本型組織が陥りがちの12の症状を取り上げ、解決策として、最近急速に注目を集めている戦略ツール「OODAループ」による組織の成功原則を、OODAループを多くの企業に導入してきた経営コンサルタントの著者が徹底解説!理論の解説にとどまらず、著者がビジネスの現場に導入した具体的な事例も多数紹介しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170313/LL_img_170313_1.jpg
『「すぐ決まる組織」のつくり方』

■OODAループは、次のような問題を抱えている組織を
「すぐ決まる組織」「自ら考える組織」に変えます!
□経営幹部から末端の社員にいたるまで、他社の模倣や前例の踏襲しか頭にない
□計画作成、書類作成、決裁などに時間がかかって肝心の仕事に取り組めない
□完璧主義の気風があるため、どんな仕事をするにも非常に時間がかかる
□社内会議や資料作成など、社内向けの仕事に忙殺されている
□社内は身勝手な社員と指示待ち族ばかりになっている
□せっかく採用した優秀な若手社員が不公平な人事に嫌気がさして続々と辞めていく

OODAループは、常に変わり続ける状況に対応するための世界最速の戦略ツール&思考フレームです。
自分の世界観を持ち、その世界観をそのときの状況や相手の状態に合わせて、素早く更新しながら、考え、行動します。軍事でいえば「敵の戦闘意志」、ビジネスでいえば「相手(顧客やライバル企業)の思い」を探りながら、相手の心をどのような状態にするかを決めて動くことです。

OODAループでは、常に状況に合わせて、「みる」→「わかる」→「きめる」→「うごく」→「みなおす」というループを素早く回しつづけることで、常に最適な結果を得ることができるのです。そして、そのために「想定外」の事態が起きても、すぐに対応できるのです。
今回は、理論の紹介にとどまらず、著者が実際にビジネスの現場にOODAループを導入した事例を多数紹介しています。

経営者、個人事業主からマネージャー、チームリーダーまで、組織の意思決定のスピードと生産性の向上を達成したい方にオススメです。


■著者プロフィール
入江 仁之(いりえ・ひろゆき)
アイ&カンパニー・ジャパン代表。経営コンサルタント、経営者。
米国シスコ本社の戦略担当部門マネージングディレクターとしてエコシステムの構築をグローバルで指揮。
帰国後は外資系戦略コンサルティングファームの日本・アジア代表を歴任。
現在は、アイ&カンパニー代表として、2000年代半ばから、OODAループをはじめとする全体最適・自律分散の先進的な経営モデルの提言と導入を主導。
これまでにのべ1万人以上がOODAループを体験し、すべての導入企業が生産性の劇的かつ持続的な向上を実現している。

プロフィール詳細
https://www.forestpub.co.jp/author/irie_hiroyuki/


■書籍概要
書名 : 「すぐ決まる組織」のつくり方
著者 : 入江 仁之
ページ数: 240ページ(四六判/並製)
価格 : 1,836円(税込)
出版社 : フォレスト出版株式会社
ISBN : 978-4-86680-009-7
発売日 : 2018年11月8日
URL : https://www.forestpub.co.jp/author/irie_hiroyuki/book/B-1867


■会社概要
商号 : フォレスト出版株式会社
所在地 : 〒162-0824 東京都新宿区揚場町2-18 白宝ビル5F
設立年月日: 1996年4月1日
代表取締役: 太田 宏
業務内容 : 出版物の企画・制作及び販売
URL : http://www.forestpub.co.jp

情報提供元:@Press
記事名:「意思決定のスピードと生産性が劇的に上がる!戦略ツール「OODAループ」をビジネスの現場に導入することを解説した入門書『「すぐ決まる組織」のつくり方』刊行