ドリアンの実(2018年8月8日撮影)


ドリアンの樹

海洋博公園 熱帯ドリームセンター(所在地:沖縄県本部町)は、同センターにおいて、果実の王様として有名な「ドリアン」が結実したことをお知らせいたします。ドリアンの結実は沖縄県内では初めて、国内でも2例目であり、極めて貴重です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/163015/LL_img_163015_1.jpg
ドリアンの実(2018年8月8日撮影)

【ドリアンについて】
≪科名≫アオイ科 ≪学名≫Durio zibethinus
ボルネオ、マレーシア等が原産の熱帯果樹で、果実の大きさや特徴的な香り、強い甘味から「果実の王様」と称えられます。
高温多湿の環境下で生育するため、国内での栽培は非常に難しい果樹です。
今回結実した株は、2004年に沖縄県農業試験場名護支場(当時)から危険分散のため導入した苗木を、14年間栽培し続けてきたものです。これまでにも開花は見られましたが、結実には至りませんでした。
8月8日(水)時点で、大小2果が結実しており、大きい方は直径20.5cm、小さい方は直径14cmです。

なお沖縄県内で結実し、肥大成熟した例は初、国内の展示施設では、2007年の夢の島熱帯植物園に次ぐ2例目です。極めて貴重な結実ですので、ぜひご覧ください。


【場所】
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地 海洋博公園
熱帯ドリームセンター 果樹温室

【入館料】
大人(高校生以上) 760円 ※20名以上の団体は550円
小中学生以下 無料

【開館時間】
8:30~19:00 (入館締切18:30)

ウェブサイト
http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/38

情報提供元:@Press
記事名:「沖縄県で初!海洋博公園 熱帯ドリームセンターで果実の王様「ドリアン」が初結実 果樹温室にて展示中