ヒルトン東京ベイ カレーカーニバル


マッサマンカレー / ナウワラット・ウォラブット


ベトナムチキンカレー / リン・ズオン


東インドカレー / ビールバル・シン・サジャワン

東京ディズニーリゾート(R)・オフィシャルホテル、ヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市舞浜 総支配人ロジャー・ブランツマ)は7月19日(木)から9月17日(月)まで、ロビー階、ザ・スクエア内、アジア料理「フォレストガーデン」にてインド料理フェアを開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161185/LL_img_161185_1.jpg
ヒルトン東京ベイ カレーカーニバル

2017年の「カレーバトル」(5人のシェフが創るこだわりカレー5種類から、お客様の人気投票による「黄金カレー」を決定)が、今年はカレーのお祭り、「カレーカーニバル」として暑い夏を盛り上げます。
ヒルトン東京ベイのインド人シェフに加え、国内外のヒルトングループから4人と、合計5人のシェフが満を持して参加いたします。それぞれのシェフ自慢の本格カレーレシピを、日本人の口に合うよう、少しアレンジを加えました。国際色豊かなスパイスたっぷりの5種類のカレーが登場します。


【インド料理フェア ~ ヒルトン東京ベイ カレーカーニバル 概要】
開催期間:2018年7月19日(木)~9月17日(月)
※予告なく延長する場合がございます。
会場 :ヒルトン東京ベイ ロビー階 アジア料理「フォレストガーデン」
料金 :ランチ
(平日) 大人 3,250円 お子様4-8才 1,400円
お子様9-12才 2,050円
(土日祝) 大人 3,600円 お子様4-8才 1,400円
お子様9-12才 2,050円
ディナー
(平日) 大人 4,650円 お子様4-8才 2,050円
お子様9-12才 3,050円
(土日祝) 大人 5,100円 お子様4-8才 2,050円
お子様9-12才 3,050円
※「フォレストガーデン」は全席禁煙です。
※料金は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※表示料金に別途税金とサービス料が加算されます。
メニュー:下記5種類のカレー、および50種類以上の料理とデザート

ご予約、お問合せ:
Tel : 047-355-5000(代) レストラン部
公式ウェブサイト: https://www.hiltontokyobay.jp/


【カレーカーニバル参加シェフとカレーの紹介】
<マッサマンカレー / ミレニアムヒルトンバンコク(タイ)>
アメリカの情報サイト(2011年、CNNインターナショナル、CNNGo)の「世界で最もおいしい50種類の食べ物」で見事1位にランクインしたことで知名度が上がったマッサマンカレー。じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込んだ、タイカレーの一つです。野菜の旨味が溶け込んでできた深いコクと、上品な甘みが特徴のカレーです。

・マッサマンカレー / ナウワラット・ウォラブット
https://www.atpress.ne.jp/releases/161185/img_161185_2.jpg

<ベトナムチキンカレー / ヒルトンハノイオペラ(ベトナム)>
スープカレーのような、さらさらとしたスープが特徴のカレーです。他国とは違う、独自の配合を持つベトナムカレーパウダーを使用しています。具材はチキンの他に、じゃがいもではなく、さつまいもを使用していることも特徴の一つ。ココナッツミルクの香りに加え、レモングラスやナンプラーのエキゾチックな香りが食欲をそそります。

・ベトナムチキンカレー / リン・ズオン
https://www.atpress.ne.jp/releases/161185/img_161185_3.jpg

<東インドカレー / ヒルトン東京ベイ(インド)>
サジャワンシェフは普段よりヒルトン東京ベイ、アジア料理「フォレストガーデン」にて、カレーや手作りナンなどで腕を振るっています。今回、「カレーカーニバル」で彼が提供するのは、本場、東インドでは誰もが大好きなもっとも人気のあるインドカレー。ごろごろと入ったチキンと、白胡麻、カシューナッツ、メロンシード、トマトやドライオニオンペーストなどを使用した、コク深さが特徴のカレーです。甘すぎず、辛すぎず、ほどよい甘さと辛さの絶妙なバランスをお楽しみください。

・東インドカレー / ビールバル・シン・サジャワン
https://www.atpress.ne.jp/releases/161185/img_161185_4.jpg

<ルンダンパダンカレー / コンラッドバリ(インドネシア)>
インドネシア、スマトラ島にある、パダン地方で食べられている、ココナッツミルクで牛肉を柔らかく煮込んだ料理(ルンダンパダン)をカレーにアレンジしました。スープが少なく、具材がごろごろと入っているのが特徴です。ターメリックや生姜、ガランガル(インドネシアで食材や医薬品として用いられているショウガ科の植物)や、クミンなど、「カレーカーニバル」の5種類のカレーの中で最もスパイスの効いたカレーです。その量は具材とスパイスの比率が3対1ほどにもなるほど。ガツンとくるスパイスの風味をお楽しみください。

・ルンダンパダンカレー / グスティ・ラナン
https://www.atpress.ne.jp/releases/161185/img_161185_5.jpg

<麻婆茄子カレー / ヒルトン大阪(日本)>
かつての日本の台所、大阪から、ヒルトン大阪が参加。中国料理の「麻婆茄子」を大胆にもカレーにアレンジしました。麻婆茄子ベースなので、甜麺醤や豆板醤のコクが強く出ています。クミン、コリアンダー、チリ、ターメリック、ガラムマサラを秘伝の割合で使用し、歯ごたえのアクセントとしてザーサイを加え、他にも粉山椒を入れて香りを出し、中華風味のカレーに仕上げています。彩りよく素揚げした、ズッキーニ、たけのこ、パプリカ、ナスがごろごろと入っており、夏野菜も美味しく味わっていただけます。白ご飯との相性が抜群のカレーです。

・麻婆茄子カレー / 大浦 和之
https://www.atpress.ne.jp/releases/161185/img_161185_6.jpg


インド料理フェアでは、5人のシェフのこだわりカレーに加え、ナン窯で焼きあげた焼き立てナンや、ヨーグルトや14種類ものスパイスで味付けをした自家製タンドリーチキンなど、本格インド料理、国際色豊かな料理、さらにはデザートなど、50種類以上のメニューがブッフェスタイルでお楽しみいただけます。


■ヒルトン東京ベイについて
東京湾に面したヒルトン東京ベイは、東京ディズニーリゾート(R)のオフィシャルホテルです。都心からわずか30分あまり、リムジンバスで成田空港から約60分、および羽田空港からは約50分という大変便利なロケーションにあります。828室の客室は、広大な東京湾に面したオーシャン側と、東京ディズニーランド(R)や東京ディズニーシー(R)を目の前にしたパーク側にあり、いずれも窓の外には素晴らしい景観が広がります。ファミリー向けの客室から、モダンでスタイリッシュな客室まで、多様なタイプの部屋が揃っています。東京ディズニーリゾート内に位置するため、両パークへの移動も便利です。キッズ向けの朝食コーナーや遊び場など、お子様連れのゲストに喜ばれる施設やサービスも充実しています。
館内には、5つのレストラン&バー、2つの大宴会場と、14の中小宴会場があり、ビジネスやレジャーなど、あらゆる用途に適応可能です。フィットネスセンター、屋内と屋外のプール、ショッピングアーケード、リラクゼーションサロンなど、質の高い設備を完備しています。


■ヒルトン・ホテルズ&リゾーツについて
ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは、約1世紀にわたり世界中のお客様を歓迎してまいりました。ヒルトンのフラッグシップブランドとして世界6大陸で575軒のホテルを展開するヒルトン・ホテルズ&リゾーツは、お客様一人一人を大切にし、心に残る旅のひと時を演出し、ホスピタリティの手本となるべく、進化し続けるお客様のニーズに応えるような商品・サービスを提供し続けています。ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは、数々の受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」に参加しています。
ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、支払いの一部にポイントを使えたり、他では手にすることができない会員限定割引料金で宿泊できるほか、無料Wi-Fi、ヒルトン・オナーズ・アプリを通してのみ利用できる様々なデジタルアメニティ(デジタル・チェックイン、ルーム・セレクト、デジタル・キー)などをご利用いただけます。

最新の情報はこちらをご覧ください。
http://www.hilton.com
http://news.hilton.com
https://www.facebook.com/hilton
https://www.twitter.com/HiltonHotels
https://www.instagram.com/hiltonhotels/

情報提供元:@Press
記事名:「ヒルトン東京ベイが誇るカレーの祭典“Curry Carnival”(カレーカーニバル) アジア各国のヒルトングループから本格カレー5種類が参加