メキシコの神秘なお酒メスカル・ブエンスセソ


伝統的なメスカルの製造方法


馬を使ってアガベを粉砕します。


昔ながらの方法で蒸留。

ワンズワードメスカル(事務所:東京目黒区、代表:松岡 祐紀)は、日本での独占販売権を取得したメキシコのメスカル「ブエンスセソ」を2018年6月18日より発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158515/LL_img_158515_1.jpg
メキシコの神秘なお酒メスカル・ブエンスセソ

■ワンズワードメスカル https://mezcal.oneswordonline.com


■ほかのお酒とどう違うのか?メスカルとテキーラの違いは?
メスカルはテキーラの母と呼ばれています。テキーラは元々テキーラ村周辺で作られていたメスカルでしたが、現在では製造方法および使用するアガベにも違いがあります。

メスカルはあくまで伝統的な製法にこだわり500年以上も前から変わらない伝統的な製造方法で生産されるのに対し、テキーラは工業化が進み大量生産が可能です。

メスカルはひとつひとつの農家が先祖代々伝わる製造方法および伝統的な器具(土器など昔ながらの工具)で丁寧に一本一本ボトリングしていきます。

よって、同じ場所で育った同じアガベを使用したメスカルでも生産者によって、味が全く異なります。


■なぜ今メスカルなのか?
すでにニューヨークを中心として全米ではメスカルが大ブームとなっています。メスカルをベースとしたカクテルを置いていないバーはもはや存在せず、またメスカルの自動販売機まで設置されるほどポピュラーなものとなっています。

世界各地で「少量生産、手作り、完全オーガニック、伝統的な製造方法」なものが注目されています。メスカルもその流れに乗ったものと言えます。ハリウッドのセレブ、ロックスターなどが自分たちのブランドを持つまでになったメスカルをこの日本でぜひお試しください。


■東京、大阪、福岡でメキシコ人プロデューサーを呼んだセミナーを開催!
ブエンスセソの発売に際し、今回メキシコ人プロデューサーを呼んだセミナーおよびラウンチパーティーを企画しました。

「メスカルってなに?」「メスカルの具体的な製造方法は?」「今、流行りのメスカルベースのカクテル」など皆様が知りたい情報を提供しますのでぜひお越しください。(参加者は当日受付しておりますので、お気軽にお越しください。)

1. 東京 セミナー
日時 :2018年6月18日(月) 14時から16時まで
場所 :AGAVE 〒106-0032 東京都港区六本木7-18-11 DMビルB1F
参加費:無料

ラウンチパーティー
日時 :6月18日(月) 19時から22時まで
場所 :AGAVE 〒106-0032 東京都港区六本木7-18-11 DMビルB1F
参加費:2,000円/1D(ヒカラで提供いたします)

2. 大阪 セミナー
日時 :2018年6月20日(水) 14時から16時まで
場所 :Bar Cactus 〒542-0083 大阪市東心斎橋1丁目4-30
参加費:無料

3. 福岡 セミナー
日時 :2018年6月21日(木) 14時から16時まで
場所 :Bar Lapin(ラパン) 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲2丁目2-13 松島ビル1階
参加費:無料


■商品概要
品名 : ブエンスセソ
原材料 : アガベ100%
アルコール度数: 40%
希望小売価格 : 8,000円(税別)
URL : https://mezcal.oneswordonline.com

情報提供元:@Press
記事名:「日本初上陸!メキシコが誇る神秘のお酒メスカル「ブエンスセソ」 ワンズワードメスカル、日本での独占販売権を取得&6/18発売