第25回北京国際図書博覧会(The 25th Beijing International Book Fair, BIBF)

電子コミック配信サービス「ソク読み」を運営するデジタルカタパルト株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:松崎 広孝)は、第25回北京国際図書博覧会(The 25th Beijing International Book Fair, BIBF)にて新設される漫画・アニメをはじめとした著作権ライセンスに関する専門エリアについて、日本向けの出展窓口を行うことになりました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151843/LL_img_151843_1.png
第25回北京国際図書博覧会(The 25th Beijing International Book Fair, BIBF)
BIBFはアジアにおけるライセンスビジネスの場として存在感を年々増しており、中国大陸市場への進出はもちろん、他のアジア諸国や欧州からのバイヤーも多く訪れますので、世界市場への第一歩として活用をご検討いただければ幸いです。下記の通り、出展者の募集をさせていただきますので、多くの皆さまのご応募をお待ちしております。


■第25回北京国際図書博覧会(The 25th Beijing International Book Fair, BIBF)について
会期 :2018年8月22日(水)~8月26日(日)
会場 :中国国際展覧中心新館(北京市順義区天竺地区裕翔路88号)
主催 :国家新聞出版広電総局、科技部、中国出版協会、中国作家協会、北京市人民政府 等
運営 :中国図書進出口(集団)総公司
会場面積:106,800m2

■漫画・アニメに関する専門エリアについて
場所:東2館 国際児童教育展区内 約600平方メートル
2018年8月22日(水)~8月24日(金)は、一般客の入場を制限したBtoBビジネス専用期間になります。


■対象
漫画・アニメ・ゲーム・ライトノベル作品やキャラクターのライセンスビジネスをお考えの方
マンガ・アニメ・イラスト・声優などの教育機関の方で留学生の募集などをお考えの方
地方自治体の観光促進をマンガ・アニメ作品やキャラクターを活用して行われている方
その他、中国大陸への進出や現地エンターテイメント企業との協業などをお考えの方


■前回の北京国際図書博覧会について
来訪者 :300,000名
出展社 :2,511社
会場面積 :92,700m2
契約件数 :5,262件(運営者が把握している件数のみ)
出展者の割合 :中国国内 42%、海外 58%
海外からの出展者内訳:アジア 43.3%、欧州 43.3%、その他 13.4%
来訪者の年齢層 :25~29歳 23%、30~34歳 24%、35~39歳 31%、その他 22%

情報提供元:@Press
記事名:「デジタルカタパルト、北京国際図書博覧会《漫画・アニメ》エリアの出展窓口業務を受託