見て楽しめ、食べて驚く、映画のようなフレンチ
GLIONグループが運営する「LA VIE 1923」(大阪市港区)のSignatureコースが、2020年3月1日より春仕様メニュー「Signature 春 Neo Departure」(10000円)に変更されます。

2019年2月に大阪・築港赤レンガ倉庫でオープンした「LA VIE 1923」は「大阪港駅」から徒歩約5分。日本の繊細な季節の移り変わりとフレンチの融合を楽しめるレストランです。

五感で楽しむエンターテインメント要素が散りばめられた料理は、優雅な見た目とサプライズの連続で食べ終わる頃にはまるで1本の映画を見終わったかのような充実感を味わえること請け合い。

春のさまざまな思いを料理で表現
今回メニューチェンジされるSignatureコースはアミューズ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、菓子の6品。新たな旅立ちや出発といったさまざまな思いをテーマとしており「エスカリエ 鮭の遡上と人生の進級」「桜鯛、晴れ着の中で夜ザクラ」など料理名にも季節感が現れています。

「LA VIE 1923」の営業時間は昼のカフェタイムが11時30分から16時(15時ラストオーダー)。夜のディナータイムは17時30分から22時30分(20時最終案内)となっています。

ランチタイムは月曜日が定休日(祝日の場合は営業)。ディナータイムは火曜日その他不定休となっています。

※価格は税・サービス料別。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ジーライオンのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

※株式会社ジーライオン(GLIONグループ)
http://glion.co.jp

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「「赤レンガ倉庫」で楽しむ優雅な春のフレンチ