日本一広い面積を誇る高山市が舞台
激坂と温かいおもてなしが人気の「飛騨高山のウルトラマラソン大会」は、2020年6月14日(日)に開催します。種目は、100km(制限時間:14時間)と71km(制限時間:11時間)の2種になります。

競技開始は、100kmについては4時45分と5時のウェーブスタート、71km は5時20分の予定です。

メリハリの利いたコース
コースは、飛騨高山ビッグアリーナをスタート・ゴール地点とし、伝統息づく古い町並みや自然豊かな乗鞍岳を望みながら走ります。累計標高2,489m、標高差は、約800mの過酷な超人レースです。

同大会は、前半は涼しく、昼間になると一気に気温が上昇、又、山の天気は変わりやすいことを想定されるので、走り方や装備には注意が必要です。

走って、食べて大満足
同大会は、コース内に設置された給食は充実しており人気です。メニューは、飛騨牛・火畑そば・清見サイダー・よもぎうどん・梨打ち汁・高冷地で育ったトマトジュースなど、地域の特産を活かした給食です。

特色のある給食、そして、地元の温かい声援を聞きながら、自分の限界に挑戦する「飛騨高山ウルトラマラソン」にエントリーしてはいかがでしょうか。

(画像は大会公式サイトより)


【参考】
※大会公式サイト
http://www.r-wellness.com/takayama/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「挑戦者だけが味わえる興奮と感動「飛騨高山ウルトラマラソン」