心地よい時間を過ごす
星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」では、津軽と アルプスの2施設において2020年2月1日~29日の期間限定で「かまくら体験」を開催します。

雪で作られた小さな家のような「かまくら」をとおして、雪国の文化を楽しむ冬のイベントです。

星野リゾートのこだわり
星野リゾートは、地域の魅力を再発見できるように様々な体験、日常を忘れ特別な空間や時間を味わえることから人気があります。日本初の温泉旅館ブランド「界」は全国に15ヵ所あり、地域や季節にこだわったおもてなしを行っています。

冬だからこそ楽しむ
「界 津軽」と「界 アルプス」の2施設では、それぞれ特長を活かした「かまくら体験」が楽しめます。「界 津軽」では「こぎんかまくら」でこぎん尽くしの体験ができます。津軽地方の伝統工芸「津軽こぎん刺し」のモチーフにしたデザインの灯籠の幻想的な雰囲気を感じ、プライベート感がある可愛いかまくらで、ゆったりとした時を過ごします。

「界 アルプス」の「信州かまくら雪ん子体験」は、「雪ん子」の装いで童心に返って思いっきり冬を楽しみます。また、囲炉裏に集まり、火のぬくもりと昔ながらのあたためアイテム「お汁粉」で、心と体をあたためます。

その場所でしかできないユニークな体験をしてみませんか。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※星野リゾートのプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/198296

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「星野リゾートで、小さな家のような「かまくら」を体験