これからやってくる寒い冬を乗り切る方法として、自分の基礎体温を上げる「温活」を選ぶ人も多いでしょう。

温活にはさまざまなやり方がありますが、中でも白湯を飲む温活は誰もが手軽に始めやすく、おすすめです。

白湯で始める、簡単温活で冷えに勝つ!
冷え性で悩む女性は多く、季節を問わず冷えが辛い人はたくさんいます。冷えが引き起こす体の不調を解消するには体を温めることが大切で、「温活」が注目されています。

現代人の体温の平均は36.1度。本来ならば36.9度が理想の体温と言われています。現代人の体温の低下は日々の生活やストレスなどが原因。体温が低いと、月経痛や月経不順、肩こりや腰痛、睡眠障害や肌荒れなどさまざまな方向に影響が出ます。体温を上げることで免疫力アップや美肌効果が期待できるほか、血の巡りがよくなると肩こりや腰痛も和らぎますし、代謝があがれば便秘解消やダイエット効果も期待できます。

低くなっている体温をあげるためには、生姜や根菜など体を温める食材を食べたり、保温効果のある衣類を着用したりなど、いろいろな方法があります。温かい飲み物を積極的に飲むのも効果的です。

白湯でウォーターサーバー温活しよう
簡単にできる温活でおすすめしたいのが白湯を飲む方法。では白湯とお湯では何が違うのでしょうか。

◆白湯:10~15分お湯を沸騰させて不純物を取り除いて冷ましたもの
◆お湯 :水をただ熱くしただけのもの

水から白湯を作るためには、不純物を取り除くために10~15分沸騰させて冷ますという手順が必要ですが、ウォーターサーバーの水ならすでに不純物が除かれているため、サーバーのお湯をそのまま白湯として利用できます。

温活で最も大事なのが、飲むタイミングです。

◆朝の白湯
目覚めの一杯として飲むことで寝ている間に汗をかいて発散してしまった水分を補います。内臓温度が高まると、体温を上げるために身体のエネルギーを使う必要がなくなり、その他の器官の活動に使えるようになるので、体がしっかりと動き出します。

◆食事前の白湯
食物の消化吸収を促してくれます。内臓が温められるので働きが活発になり、胃腸の消化吸収能力も高まるので飲んでから30分ほど経ったときが、食事を始めるベストタイミングです。

◆寝る前の白湯
深い睡眠を得るためには、寝ている間の体温を下げる必要があります。体の深部の温度を下げることで脳のリラックスも促され、質の高い睡眠になるのです。深部体温を下げるには、まず身体の温度を一旦上げるのが効果的なので、寝る前の白湯で温めることも有効です。

クリクラのウォーターサーバーは白湯温活に最適
ウォーターサーバーを利用すると、サーバーからすぐお湯が出るので、手軽に温活を始められます。お湯を沸かす手間がないので、白湯を飲む温活を長く継続しやすいのは大きなメリットです。

ウォーターサーバーのお湯は不純物が取り除かれているため、おいしさもお墨付き。ミネラルバランスにもこだわっているので、水道水のお湯よりまろやかです。

ウォーターサーバーで白湯温活をスタートすれば、冬の寒さが辛くなくなるかもしれません。冷え性の方は早速始めてみませんか。

【参考】
※ウォーターサーバー crecla公式サイト
https://www.crecla.jp/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「毎日の白湯習慣で体を芯から温めよう!簡単手軽なウォーターサーバー温活のススメ