フードロスを減らすプロジェクト第2弾
株式会社スナックミーでは、新型コロナウイルスの感染拡大により売り上げが減少し、廃棄となる素材を活用したおやつを開発・オンライン販売する取り組みを行っています。

今回新型コロナウイルス復興支援プロジェクト第2弾商品として、ドライフルーツ「プレミアムドライパイン」を使ったアイスバーを発売します。2020年8月20日15:00より受付、2020年9月1日より発送を開始します。

こだわりのドライパインを使用
使用される「プレミアムドライパイン」は、砂糖や油を一切使わずパインそのものの美味しさを味わえるドライフルーツ。割れや欠け、変色などにより規格外となり、廃棄される予定のものを自然な美味しさのアイスバーとして生まれ変わらせました。

パイン、アガベシロップ、寒天だけで作った「100%パイン」と、有機レモンの酸味が爽やかな「パインレモネード」、2種のフレーバーが用意されています。美味しく食べてフードロスを減らせる商品です。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社スナックミーのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000031067.html

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「コロナ復興支援プロジェクト第2弾!ドライパインを使ったナチュラルアイスバー