コンセプトは「渓流スローライフ」
「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」(青森県十和田市)のフレンチレストラン「Sonore(ソノール)」が、2020年7月1日より夏の一品「鮪」を提供します(2020年8月31日までの期間限定)。

岡本太郎が手がけた暖炉のあるロビーが癒やしの空間を演出する「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、奥入瀬渓流沿いで唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂では八甲田から湧き出るやさしい肌ざわりのお湯につかりながら山々の風景を楽しめます。

西館にあるレストラン「Sonore」は2019年7月にグランドオープン。奥入瀬渓流の自然をイメージした店内で、季節の旬の食材を使用して青森らしさを表現した料理と料理を世界中から厳選された約150種類のワインとともに提供しています。

こだわりの鮪タルタルと旬のパプリカ
今回提供される夏の一品「鮪」の冷前菜は、鮪と旬のパプリカをメイン食材に使用した青森らしい料理。

こだわりの鮪タルタルにピュレ状にしたパプリカの燻製を合わせており、鮪の食感や味を引き立てるクルトンやピクルス、アボカドなどの多様な食感がアクセントとなっています。

酸味に芯があり、パプリカの香りと相性が良い白ワイン「ヴァンサン・ピナール サンセール・ブラン ニュアンス 2015年」を合わせることで、完熟した洋梨のような風味とさわやかな香りが演出する夏らしさを楽しめます。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※星野リゾートのプレスリリース/@Press
https://www.atpress.ne.jp

※星野リゾート
https://www.hoshinoresorts.com

※星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
https://www.oirase-keiryuu

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「十和田市のホテルが、夏の一品「鮪」を提供