パナソニック株式会社は、2020年5月29日(金)に、スピーカー搭載LEDシーリングライトのスタンダード(薄型)タイプ「THE SOUND」を発売予定です。
これに際して、リビングがある間取りに住んでいる、普段テレビを視聴する20~40代の男女を対象として、「テレビ視聴」についての調査を行いました。

調査の結果、テレビの音がちゃんと聞き取れず、“聞き逃し”でがっかりした経験がある人が多いことや、明るさについてのニーズが明らかになりました。

画面のサイズに次いで「音」に不満。約2人に1人が“聞き逃し”でがっかり経験あり
はじめに、普段テレビを視聴している部屋を聞くと、「リビング(居間)」が95%と最も多く、比較的広い空間で視聴している人が多いようです。
その前提のもとで、普段テレビを視聴している中で不満に感じたことを聞きました。

すると、「画面のサイズ」(46%)に肉薄して多かったのが、聞こえづらさやスピーカーの音質などを含めた、「音の大きさ・広がり」(43%)、「画質(映像のきれいさ)」(42%)の2つ。
テレビを視聴する上で、音の重要性を感じている人は多いようです。
そこで、「音」によりフォーカスして調査を進めたところ、「音が聞こえづらく、視聴中の番組の内容を聞き逃したことがある」(57%)と、約6割に上ることがわかりました。
また、約2人に1人が「番組のいいところで音が聞こえづらく、聞き逃してがっかりしたことがある」(54%)と、“聞き逃し”がっかり経験があることがわかりました。

音の不満解消へ。スピーカー搭載のLEDシーリングライト「THE SOUND」
パナソニックのスピーカー搭載LEDシーリングライトは、付属のワイヤレス送信機をつなぐことで、テレビの音声を天井から再生します。
ダイニングやお部屋の隅など、今まで聞こえにくかった場所でも、快適な音声でテレビを楽しむことができます。電源コードやケーブル類がないため、スピーカーの設置スペースだけでなく配線作業も不要です。

2020年5月29日(金)には、シンプルで親しみやすい丸型のスタンダード(薄型)タイプ「THE SOUND」を新たに発売予定です。
従来の角型「パネルタイプ」と共に「サウンドシリーズ」として、お部屋のスタイルやお好みに合わせて選ぶことができます。
また、シーンや気分に合わせた明るさや色の調整も可能です。
今回の調査においても「テレビがある部屋で、やることによって照明の明るさなどを変えたい(テレビ視聴時、食事の際、読書の際など)」(35%)、「視聴する番組のジャンルによって、照明の明るさなどを変えたい(映画・スポーツ観戦など)」(34%)など、テレビ視聴時やテレビを視聴する部屋自体のあかりに関してのニーズが明らかになっています。
「THE SOUND」ではリモコンを使ってあかりの調整も簡単にでき、リビングやダイニングでのさらなる快適なテレビ視聴をお手伝いします。

天井からの音で生活を豊かにしてくれる「THE SOUND」。家事をしていても聞き逃しがなくなるので家族間のコミュニケーションも手助けしてくれそうですね。

【参考】
※「THE SOUND」製品ページ
https://panasonic.jp/light/products/ceiling/sound.html

※パナソニック公式サイト
https://panasonic.jp/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「テレビの聞き逃しがなくなる!「スピーカー搭載LEDシーリングライト」が5月29日に発売