入学や入社など、春は新生活のシーズン! 新しい環境に合わせて心機一転、思い切ってイメージチェンジをするチャンスですね。この機会に、メガネをコンタクトに変えたという人も多いのではないでしょうか。
生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、このたび、新生活シーズンの「コンタクトデビュー」をテーマにレポート。経験者の実体験から見えてきた、「コンタクトデビュー」のメリットとデメリットをご紹介します。

【メリット】運動・勉強・恋愛にも良い影響が
調査対象者に「コンタクトデビューをした後の変化」についても聞いたところ、下記のような結果になりました。

・運動がしやすくなった…85%
・勉強・仕事の効率があがった…69%
・見た目の自己評価があがった…64%
・恋愛のチャンスが増えた…46%

調査結果からは、コンタクトデビュー以降、多くの人が運動や勉強・仕事、自己評価、恋愛など、さまざまな方面で良い影響が出たことがうかがえます。
コンタクトデビューをした季節は「春」が半数以上という調査結果も出ていますので、まさに今の時季がデビューのチャンスと言えそうですね。

【デメリット】目の悩みが増加、目薬の使用頻度もアップ
一方で、「コンタクトデビュー」にはメリットばかりではなく、注意すべきデメリットもあるようです。
「コンタクトデビュー後に、目の悩みは増えましたか?」という質問では、59%と約6割が「増えた」と回答。そのケアには「目薬」を使った人が多数派で、「コンタクトデビュー後に目薬の使用頻度が増えた」という人も93%に。なんと、コンタクトデビュー前後で目薬の使用回数が7倍以上に増えたという調査結果が明らかとなりました。

専門家が語るコンタクトデビュー時のアイケア
コンタクトデビュー時のアイケアのポイントについて、眼科医の久保木香織先生によると、涙の量が少ないと乾燥してコンタクトレンズが目に張り付いたり、摩擦により角膜に傷がついてしまったりすることがあるそうです。
そこでおすすめしたいのが、涙に近い性質を持った点眼薬「人工涙液」。こまめに涙の量を補うことは、コンタクトレンズの使用による目の乾きをうるおしたり、使用時の不快感を軽減させたりすることに繋がるのだとか。

コンタクトデビューをする人は、コンタクトと一緒に人工涙液も用意しておくと安心です。また、万一目に違和感を感じたときは無理をせず、メガネも併用してくださいね。
正しくケアをして、コンタクトデビューのメリットを最大限に生かしましょう!

【参考】
※トレンド総研
http://www.trendsoken.com/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「メリットばかりじゃない!?新生活「コンタクトデビュー」の落とし穴とは