朝が苦手か得意かは人によって差はあれ、目が覚めた直後は頭がうまく働かず、ボーッとすることはよくありますよね。
そんな「プライベートモード」から「仕事モード」へと頭を切り替えるために、ビジネスマンの方々はさまざまな習慣を取り入れているようですよ。
味の素AGF株式会社は「朝時間」に着目し、毎朝のプライベートモードから仕事モードへの切り替えを「仕事スイッチ」と定義。40代有職男性500名を対象に「仕事スイッチ」事情を探りました。

「仕事スイッチ」オン習慣の第1位は「コーヒー等の飲み物を飲む」
「仕事スイッチ」オンを習慣づけている人が実際に行っていることをたずねたところ、1位は「コーヒー等の飲み物を飲む」(62%)、2位は「朝食をとる」(47%)、3位は「スケジュールを確認する」(34%)となりました。
「朝の飲み物」は「仕事スイッチ」オンのきっかけづくりに大いに役立つことがうかがえます。

仕事スイッチが入るオススメの飲み方は「ブラック」
続いて、「朝の飲み物」の代表として「コーヒー」について全員にたずねると、「朝、コーヒーを飲むこと」で仕事スイッチが入ると考える人は約半数(46%)に上ることが判明。さらに、「仕事スイッチ」が入るコーヒーの飲み方は「ブラック」(62%)が1位となりました。
その理由としては「刺激が強いので脳が覚醒すると思うから」(45歳)、「香りが良く、何となく朝を感じられるから」(44歳)など、ブラックコーヒーの刺激的な味わいや香りが、「仕事スイッチ」オンに役立っていることが分かりました。

朝の仕事スイッチオン習慣に。「マキシム®」ボトルコーヒー 香りとキレのブラック 900ml
《「マキシム®」ボトルコーヒー 香りとキレのブラック 900ml》は、「仕事スイッチ」が入るコーヒーの飲み方第1位と同じ「ブラック」で、無糖と微糖の2種類を展開。
ストレートでアイスコーヒーを飲む方をメインターゲットに、香りと後味に徹底的にこだわっています。

今回の調査では、「仕事スイッチ」がうまく入らなかったという経験を持つ人も47%と半数近くにおよび、「出勤時間が遅れた」「お客様対応がクレームになってしまった」などといった失敗談も挙がっていました。
朝はボーッとして頭が回らないという方、ブラックコーヒーを取り入れて「仕事スイッチ」をしっかりオンする習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

【参考】
※AGF
http://www.agf.co.jp/


情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「”仕事スイッチ”が入る習慣1位は「コーヒー」ビジネスマンおすすめの飲み方は?