ヨガの国際資格全米ヨガアライアンスRYT200を取得して、インストラクターとして活動中。その先のRYT500も興味があるけど、本当に必要なの?そもそもRYT500ってどんなことが学べるの?そんな疑問に対して、E-RYT500保持する筆者がお答えします。

そもそもRYT200とは?

photo

ヨガのインストラクターになりたい、ヨガ指導の資格を取りたい、そんな時に必ず目にするのがRYT200という名称。RYT200とは、全米ヨガアライアンス200時間を指し、RYTはRegistered Yoga Teacher の略。全米ヨガアライアンス協会が認定する、国際的なヨガインストラクター資格です。
協会が定めた基準をクリアした認定校で200時間トレーニングを受講し、ヨガアライアンスに申請と登録をすることで、RYT200を取得することができます。
ヨガの発祥はインド、なのになんでアメリカの資格を取得する必要があるの?と思った人もいるかもしれません。
実はヨガにはたくさんの流派があり、指導の内容も多種多様です。先生を見つけ、弟子となり修行し、先生の許可を得て指導をする、これが伝統的なヨガ指導の流れでした。ヨガを指導するための共通した基準というのは存在しなかったのです。
しかし、90年代の欧米でのヨガブームで、ヨガインストラクターの需要が急増し、基準がないがためにほとんどヨガを勉強することなくヨガを指導する人も多く現れてしまいました。
そこで危機感を感じたヨガ関係者たちが発足させたのが「全米ヨガアライアンス協会」。ヨガの基礎を体系的に学び、生徒に怪我をさせず安全にヨガの指導をできる最低基準として200時間を設定しました。
現在、RYT200は世界80ヶ国で通用する最大のヨガの国際資格となっています。日本でもさまざまな団体からヨガの資格が発行されていますが、認知度はRYT200が群を抜いており、広くヨガインストラクターとして活動をするのであればRYT200はほぼ必須という状況です。

上級資格RYT500で学べること

photo

全米ヨガアライアンスの上級資格がRYT500です。RYT200にプラスして認定校の300時間のカリキュラムを受講、申請、登録することで取得できます。
300時間では、200時間で学んだ基礎的な指導技術やヨガの知識をベースに、さらに本格的な指導スキルを身に付け、知識、人間性を向上させることを目指します。ヨガインストラクターからヨガ指導者になる課程がRYT500といえるでしょう。
また、ヨガ指導のベースアップだけでなく、RYT500を受講することで専門性を高め、自分が進みたい方向にヨガを深めることができ、自分がヨガを伝えたい人にヨガを伝えることができるようなります。
お年寄りにヨガを指導するために知識・技術を身に付けたい、マタニティヨガや産後ヨガ、女性の不調を改善するヨガなど女性のライフステージに寄り添えるヨガインストラクターになりたい、ヨガのインストラクター育てる講師になりたい(ヨガアライアンスのトレーナーであれば今後E-RYT500(※)の保持が必須)などが挙げられます。
300時間って…200時間より多いじゃない、とびっくりした人もいるかもしれません。200時間はヨガアライアンスがヨガ指導をできる最低基準として設定した時間数で、決してゴールではなく、ヨガインストラクター、指導者としてのスタートラインに立ったところなのです。
このようにRYT500はあくまでも上級資格でプロフェショナルを目指すものです。取得するスクールを検討する際は、しっかり時間をかけて学べるのか、自分が望む専門性を身に付けることができるかを確認するとよいでしょう。
※全米ヨガアライアンスE-RYT500とは…RYT200を取得後、さらに300時間のトレーニングを修了し、かつ2000時間以上の指導実践経験を積んだ指導者が認定される資格。

ヨガ指導者としてスキルアップしたいならRYT500はマスト!

photo

2019年5月時点で、アメリカでのRYT500登録者が10,539人に対し、日本はわずか186人。まだまだRYT500の取得者は日本では希少な存在ですが、2019年にアナウンスされたヨガアライアンスの基準変更に伴い、今後日本でもRYT500取得の必要性が高まる傾向があります。
私自身、E-RYT500の保持者です。RYT500を受講する際、そこまで必要ないのではないか、自分にはまだ早いのではないか、と悩みました。でも、あの時勇気を出して一歩進んでみようとRYT500を受講し、取得したことでたくさんの可能性が広がり、チャンスが巡ってきています。
トレーニングを指導するヨガ講師としての道が開け、RYT500を取得する学びの過程の中で、ヨガインストラクターになりたいから【ヨガをツールとして女性がより自由で豊かであることのお手伝いがしたい】という自分自身のテーマを見つけることができました。
ヨガの学び、ヨガ指導者としての学びは果てしがなく終わることがありません。やはりどこにいてもゴールはなく、常にスタートラインでしかないのです。「まだ、早い」の「まだ」が「もう十分」になる日はありません。もし今その先が気になっているのなら、一歩先に進んでみて下さい。

情報提供元:Tonoel
記事名:「ヨガインストラクターとしてのキャリアアップに必須の資格とは?