パンペアリングって聞いたことある?一皿ずつに、そのお料理に合わせたパンが出てくるレストランがあるから行かない?

ワインペアリングは結構普通だけど、パンかぁ。お腹いっぱいになりそう。(フランスパン、フォカッチャの食べ放題を想像)でも、確かに、このお料理には、もう少し柔らかいパンの方が良さそう、とか、もう少し酸味が効いているパンが合いそう、というようなことあるから、パンペアリングって面白そう。こうなると、すぐに行きたくなるので、早速予約の電話を入れて、ランチに行ってみました。

 

中目黒の駅から、目黒川沿に246へ向かって5分ほど歩くと、右手にCRAFTALEはある。一階は洋服屋さんで右手のドアから中に入り、階段で二階へ進むと、正面に、「CRAFT A LE」という文字が正方形の中に整列しているエントランスが現れる。ドアを開けて中に入ると、右手にキッチンがあり、左手にカウンター、そしてダイニングがある。中に入ってまず目を奪われるのは、窓。そして、窓の先にある桜の木。この時点で、桜の時期に絶対来よう、という強い誘惑に駆られてしまう。

 

お料理は、8品のコースで、それに4種類のパンペアリング、そして、ワインもペアリングする。モダンな作りの店内は、無機質な印象ではなく、木のぬくもりや自然を感じる作りになっていて、お料理のお皿も、木、石を使うことで「自然」が表現されている。(この石のお皿、重いんですよ、と、サービス担当の男性が笑ってた。)

 

ある日のコース。

 

木の皮に見立てた薄い「おせんべい」にホタテ、そしてフォアグラ

 

続いての一皿は、鰤大根。白いふわふわしたパン、そして、黒大根の下に鰤。独創的な、フレンチ。

 

芽キャベツ、キャベツ、白いケール、フリットの中には白子。

 

 

メインはラム。藁のように見えるのはネギ。冬の森のイメージが浮かぶ。

 

あまりに美味しくて、おかわりをした、木の皮。ワインペアリングの先へ進む。

 

アミューズからデザートまで、季節と食材でとても美しいストーリーが展開される。大土橋シェフとお話ししていると、いつも真剣で、お料理に対する想いを静かに、熱く語ってくれる。それは、夢だったり、今について、そして未来についてだったり。サービス担当の皆さんも、とても、感じが良くて、お料理を運んでくれるとき、または、さげる時に、一言二言必ず話をするというのも魅力的。ついつい、長居してしまう。そして、ランチからシャンパン、ワイン、リキュールとアルコールも進んで、幸福の絶頂でお店を後にすることになる。

 

 

さて、これは、今年の4月の桜のコースのメニューから。

アミューズは、窓の外の桜を愛でるだけでなく、お皿の上にも、桜。桜づくしメニュー。

 

 

そして、デザートは、桜のアイス。枝を見ることで、桜はすでに散る準備に入っているという現実に向き合う。

お料理で季節を表すだけでなく、感情まで表現している、大土橋シェフ。

 

そして、窓を見ると、一面の桜。食事を始めた頃より、開花した桜が増えている。

 

 

 

目黒川沿いという立地から、クリスマスのイルミネーション、そしてお花見の時期の混雑は想定内、ただ、昨年は、ミシュランで星をとった実力からも、予約を取るのは大変でした。

 

 

CRAFTALE

東京都目黒区青葉台1-16-11 2F
TEL:03-6277-5818

OPEN:

LUNCH  11:30 - 15:00(L.O.12:30)

DINNER 18:00 - 23:00(L.O.20:30)

CLOSED:水曜日、第2・第4火曜日

※ランチは土日のみ

 

https://www.craftale-tokyo.com/

 

The post ロマンチックが好きなら、是非、行きたい、CRAFTALE 『眺めが良い都会のレストラン』【Bliss! Happy Foodie Life ー Vol.5】 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「ロマンチックが好きなら、是非、行きたい、CRAFTALE 『眺めが良い都会のレストラン』【Bliss! Happy Foodie Life ー Vol.5】