色味を抑え、柔らかな印象の1Kインテリア

8.75畳の1Kにお住まいの、luluさん。色味を抑えてナチュラルで柔らかな印象のインテリアをつくっていらっしゃいます。

 

リゾートや海の雰囲気も感じさせる爽やかなインテリア。

 

壁には、ちょっとボヘミアンを感じさせるマクラメなどの飾り。大きなパンパスグラスもアイキャッチになっていて素敵です。

 

都会的でモダンな印象のニューヨーク・ソーホースタイルと、民族的なボヘミアンスタイルを組み合わせたのが「BOHO」。luluさんのように、白やベージュを基調につくっていくと、民族的なアイテムを取り入れても派手になりすぎず、落ち着いた雰囲気に。

 

クイーンサイズの大きなベッドは、パレットに直接マットレスを置いて高さを抑え、部屋が広く見えるように。ソファがわりにも使っています。

 

枕元に飾られているのも、自然素材で幾何学模様。

 

ストリングライトは灯すと星柄が浮かび上がります。

 

 

お気に入りの家具と、プチプラの家具をミックス

ZARA HOME、H&M ホームなど、プチプラでおしゃれな雑貨が買えるショップもよく利用されるというluluさん。「高いものと、安いものをミックスして使うのがポイントです」とのこと。

 

部屋のイメージを決めているのは、天然石の天板が印象的な、IDEEのMACTAN LOW TABLE。TVボードは白い木のものを探して、unicoで見つけました。

 

幾何学模様が可愛いクッションは、ZARA HOME、B-COMPANY、アメリカンラグシーなど、それぞれ別のところで購入したもの。色と模様、素材が揃っているので、たくさんあってもまとまって見えます。

 

こちらのエアープランツはお手入れ要らずでプチプラが嬉しいニトリのフェイクグリーン。

 

ちょっとしたところにも飾られているグリーンが可愛い。

 

素材、模様、色にこだわって、こんな風にお部屋のアイテムを揃えていくと、全体が整い、とても洗練して見えるんだなぁ、と、またひとつアイディアをもらった取材でした。お部屋のスタイルをガラリと変えてみたいと思っているなら、「自分が一番気に入っているもの」に合わせてつくっていくと、きっと素敵に見えますよ。

luluさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/lulu.nuts/

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*

 

情報提供元:PeLuLu
記事名:「【私らしく暮らす】 ナチュラルで洗練されたBOHOスタイル、「自分の一番気に入ったもの」でまとめる1Kインテリア【プチDIY女子達のお部屋案内】