厳選した天然素材と着心地の良さにこだわったモノづくりで絶大な支持を得ている『FilMelange(フィルメランジェ)』。公開されたばかりの2019秋冬コレクションをお届けします。

アイテムやスタイリングはもちろん、今シーズンから登場する新素材も要チェック。

フィルメランジェ

良質なラムウールを使用した、柔らかくあたたかなフリース「ライトラムメルトンニット」

オーストラリア南東部で育った上質なラムウールを使って編み立てた生地を縮絨し、毛玉加工を施して仕上げた「ライトラムメルトンニット」。

通常のウールに比べ、繊維が細く上品な光沢と弾力性があるラムメルトンを使用することで、軽量で柔軟性と弾力性に富んだ、とても快適な着心地を実現。

また繊維のクリンプ(縮れ)によって空気を多く含むため、保温性が高いことも特徴です。

フィルメランジェ フィルメランジェ フィルメランジェ フィルメランジェ

薬品不使用で健康な羊毛の魅力を生かした「ナチュラルニュージーウール裏毛」

ニュージーランドの南島で「ハウヌイ(風の地)」とも呼ばれる、常に風が吹く高地で大切に育てられたナチュラルニュージーを原料に使用。

通常のウールは薬剤で洗い、染色されますが、羊本来の色を生かすナチュラルニュージーは、生活する際に付いた汚れやゴミなどを日々、人の手によって取り除き手入れされた希少なウール。

薬品などの化学的な力を使用していないため、ダメージが少なくウール本来の風合いの良さが感じられます。

高地でのびのびと育った羊たちの毛は、とても健康で、ツヤがありふっくらとして、十分な繊維長があるのが特徴。そして自然が生んだ豊かな奥深い天然色をしているのも魅力です。

肌に触れる裏面には古代綿の茶綿を使用して、原料の良さを生かすため吊編み機でゆっくりと編み立てられています。

フィルメランジェ フィルメランジェ フィルメランジェ フィルメランジェ フィルメランジェ

あえてムラ感を出した古着のような風合い「バルキーリブフェイス」

原料にオーガニックコットン糸の製造工程でふるい落とされた良質な繊維を50%、バージンオーガニックコットン50%をそれぞれ掛け合わせて紡績されたオーガニックリサイクルコットン「オーガニックラフィー」を使用。

柔らかく且つコシのある原料を、ムラ感たっぷりに太めの糸に紡績し、このムラ糸を縦目を強調するように編み立てられています。

適度な生地の厚みと、古着のような風合い豊かな表情が特徴です。

フィルメランジェ フィルメランジェ フィルメランジェ フィルメランジェ

やわらかく、伸びがよく、ふっくら。「カンピオーネ裏毛」

ムラ感のあるリサイクルコットンと超長綿を合わせて、糸番手の使い方の変化によって膨らみと柔らかさ、適度なハリ感、表情を追究して作られた新素材「カンピオーネ裏毛」。

ヴィンテージの雰囲気がありながら、上品さもある表情に仕上がっています。

フィルメランジェ

7月13日(土)〜7月15日(月)はスペシャルな藍染アイテムがラインナップ

フィルメランジェ

夏の恒例イベントなった「LITMUS×FilMelange 2019海の日の催し」がハウスフィルメランジェにて開催されます。

日本に古くから伝わる天然の素材のみを使用した染色技法「灰汁発酵建て」を受け継ぐ、藍染めづくりの職人集団「LITMUS(リトマス)」。

彼らの手作業で染め上げられた「藍染め製品たち」は、すべて表情が異なり、同じものが存在しないのも魅力です。

今回は定番のTシャツだけでなく、スペシャルなラインナップ、カラーが揃います。

またイベント開催中は夏の風物詩、かき氷も提供されます。

FilMelangeとLITMUSの最強タッグによるコラボレーションを、お見逃しなく!

 

開催場所:ハウスフィルメランジェ

東京都渋谷区神宮前2-6-6 秀和レジデンス1階

電話:03-6447-1107

 

新シーズンのコレクションをチェックして秋冬気分を先取りしつつ、この週末はハウスフィルメランジェへ足を運び、奥深い藍色に魅せられて、夏を堪能してみてはいかがでしょうか?

とにもかくにも、来シーズンのFilMelangeも楽しみでなりません。

 

FilMelange

Instagram:filmelange_official

 

情報提供元:PeLuLu
記事名:「『FilMelange(フィルメランジェ)』2019秋冬コレクションを公開! 7/13〜7/15は藍染めアイテムも。