お部屋のスタイルにマンネリを感じているなら、いっそのことテーマを決めてガラリとイメージチェンジしてみるのも良いかもしれません。「モロカンスタイル」をテーマに、ベージュがベースのくつろげるインテリアをつくっていらっしゃる、ひとり暮らしのお部屋を訪問しました。

 

窓の大きなワンルームは、都心のオアシス

 

お伺いしたのは、広告系のお仕事をされている cocoroom*さんのお部屋。都心の立地にこだわり、「このエリアで出ている物件は全てチェックしました」というcocoroom*さん。暮らしているのは、30㎡ほどのワンルームです。

 

窓が2面にあるお部屋。ベージュ系の、明るい色味にインテリアを統一されていることもあり、とても明るい印象です。

 

お部屋だけでなく、キッチン、お風呂、トイレすべてに窓があるというお部屋。風が気持ちよく抜けて、都心の中のオアシスに来たかのような気分です。

 

ソファを置く代わりにベッドはセミダブルサイズで、気持ちよくくつろげそうなリラックスチェアがありました。

 

ひとり暮らしでも、ダイニングテーブルが置けるお部屋って、イイ。

 

「外との一体感」を意識されているというお部屋。ベランダにはこんな素敵なスペースが!これは落ち着ける空間ですね〜。

 

お部屋の随所にも、グリーンが配置されています。これはシマトネリコの木で、お部屋の中でもぐんぐん成長しているそう。

 

ワンルームでも効率よく使える収納とキッチン

 

部屋探しの時に、特に重視されたのは収納とキッチン。特に収納は、廊下にずらりと並んでいて、申し分のない量があります。

 

そのひとつを開けていただくと、この通り、しっかり整理されていて感嘆しました。

 

帰って来た時にすぐ上着やバッグが置けるように玄関前のスペースにはラダーラックも。生活動線がしっかり考えられた配置にされています。

 

こちらも、かなり充実しているキッチン。確かにここにも窓があるので明るくてとても良いですね。

 

器は立てて収納して、取り出しやすく。

 

 

旅した場所のイメージを部屋に取り入れる

 

壁にかけられていたたくさんのフォトフレーム。印象的な写真だなぁと思ってお聞きしてみたら、ご本人が撮影されたものということで、びっくり。

 

実は2年ほど前には、世界一周をされていたというcocoroom*さん。これまでに訪れた国は50ヶ国。壁にかけられていた写真は、すべて、旅行中にご自身で撮影されたものでした。

 

ちょっとしたアクセントになっているカゴバックなども、旅行先で買ってきたもの。

 

特に、モロッコのベージュをベースにしたインテリアがとても気に入って、いまのお部屋のイメージの元となっています。
ネットでイメージに合う家具を探したり、安いお店でうまく手に入れたりして、現在のスタイルを作っているそう。

 

ベッドサイドにあったのは、サリュ!で購入したバスケットと、テーブル。こちらのサイドテーブルは、なんと1,000円のプチプライス。

 

アクセサリーや時計をちょっと置くのには、ウッドトレーを使って。

 

 

 

風を感じられるオアシスのようなワンルーム、初めてお伺いしたのに、なんだかずっと居たくなってしまうような落ち着ける空間でした。

 

 

cocoroom*さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/cocoroom08/

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

 

情報提供元:PeLuLu
記事名:「【私らしく暮らす】 落ち着いたベージュのモロカンスタイルで、くつろげるワンルームをつくる【プチDIY女子達のお部屋案内】