デザイナー小松さおり氏が作るシンプルだけど特別な洋服

 

『unfil』は、ニットブランド「イリアンローブ」でデザイナーとして活躍した小松さおり氏が2017年にスタートしたブランド。「un filはフランス語で” 1 本の糸” を意味します。よいと思える素材、シルエット、ディテールをしっかり考えて時間をかけて作った、着心地がよく気軽に着られる、シンプルだけど特別な洋服」をブランドコンセプトに、傑作と言えるアイテムを展開しています。

 

ケーブルニットセーター ¥35,000/unfil

 

南フランスのメリノ種ウールを使用した「ケーブルニットセーター」

南フランスのアルル地方で飼育されているメリノ種の原毛のウールを使用したニット。他の国や地域のウールに比べて、弾力性に優れ膨らみが強いが特徴で、このウール素材を使うと、手編みのアランセーターのような立体的な柄に仕上がるのだとか。たしかに、編み地がしっかりと立った、存在感のあるケーブル柄が印象的です!

 

ケーブルニットセーター ¥35,000/unfil

 

英国ウールにシルクをブレンドした「シルクブレンドセーター&スカート」

 

粗くツイード感のある英国羊毛にマルベリーシルク(家蚕の生糸)をブレンドしたニット素材。膨らみが強くハリのある英国羊毛と、光沢がありしなやかなシルク、相反する素材を組み合わせた素材感が新鮮かつ、懐かしい風合いに仕上がっています。ローゲージの畦編みをしたクラシックな雰囲気のデザインで、ふんわり丸みのあるシルエットがフェミニン。同じ素材のスカートとセットアップで着ることもできます。

 

シルクブレンドセーター ¥29,000/unfil
シルクブレンドセーター ¥29,000/unfil
シルクブレンドセーター ¥29,000/unfil

 

希少カシミヤにシルクを混ぜた「カシミヤ ハンドニットセーター」

 

希少な梳毛用のカシミヤをベースに、スーパーキッドモヘアとマルベリーシルク(家蚕の生糸)をブレンド。カシミヤのあたたかさに、モヘアのふんわり感と、シルクの光沢感やしなやかさが加わった、このうえなく贅沢な素材です。その素材を旧式の紡績機でゆっくりと時間をかけて空気を含ませながら紡績して手紡ぎ風の毛糸に加工。その毛糸を日本国内で手編みしたという、希少価値の高い1枚です。ヴィンテージのノルディック柄セーターのような雰囲気を持ちながら、実際の古着のセーターよりもずっと肌ざわりが良いのが魅力。ヴィンテージを超える傑作ニットです。

 

カシミヤ ハンドニットセーター ¥77,000/unfil

 

希少なニット素材2種を組み合わせた「ケーブルニットカーディガン」

 

さきに紹介した南フランスのメリノウールのケーブルニットと、シルクをブレンドした英国ウールのニットを、大胆に切り替えた新鮮なデザイン。ケーブルニット柄がアクセントになって、ワントーンのスタイルにメリハリを効かせます。素材を厳選し、その風合いを最大限に生かしたデザインを作る『unfil』だからこそ作れた、素材感で遊んだカーディガンです。

 

ケーブルニットカーディガン ¥45,000/unfil
ケーブルニットカーディガン ¥45,000/unfil

 

希少な素材を美しくデザインした価値あるニット

 

世界中から探し出した希少な素材のアイテムが揃う『unfil』。今回は、その素材のこだわりを中心に紹介しましたが、美しいシルエットも卓越した素晴らしさです! 希少な素材を贅沢に使い、アートのように美しいシルエットに仕上げたニットは、まさに傑作という言葉がぴったり。ぜひ手に入れたい憧れの一枚です。

 

text:宮崎寛子

 

The post 徹底した素材へのこだわり。『unfil』の傑作ニット appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「徹底した素材へのこだわり。『unfil』の傑作ニット