自然体で着こなすからラフで上品なスタイルが完成する

 


 

肩の力を抜いた自然体のスタイルもパリの女の子の得意技。

着心地の良いコットン素材やリネン、シルクなどの天然素材にこだわって、

潔くシンプルに着こなすのが品良くまとめる秘訣。

ストイックな印象になりすぎないように小物はとびっきり

ガーリーなストローハットやバスケットをプラスして。

足し算と引き算の知的なバランスを楽しんで。

 

カーディガン / DRESSTERIOR

中に着たTシャツ / PETIT BATEAU

パンツ / GUNG HO

サスペンダー/ FIL DE FER

バック / ebagos

ソックス / RAILROAD SOCK

シューズ / Dr.Martens

 

天然素材を選んで脱ほっこりの大人ナチュラル

 


 

トップス:背中開きにアソーンでボタンがあしらわれた、バックスタイルが可愛い一枚 / ERICA CAVALLINI SEMI COUTURE

     ロマンチックなブラウスは17歳の少女をイメージしたというブランド / Bilitis dix-sept ans

ハット:一番スタンダードなデザインのカンカン帽 / SEEBERGER

Tシャツ:胸にあのワニが刺繍されたTシャツはスポーツウェアならでは / LACOSTE

      真夏は首の詰まったTシャツが気になる / FiMelange

      おじさんみたいなヘンリーネックシャツ / helth knit

 ニット:ボーダーだけじゃない、古着のようなこなれたカラーが素敵 / ORCIVAL

インナー:お洋服だけでなく、インナーにもこだわりを持って選びたい / GINGER ALE

メガネ:かつて一大ブームを巻き起こしたイギリスの老舗ウェアブランドから
            オーセンティックなセルロイドメガネ / Oliver Goldsmith

コート:シンプルなコートは快適さを追求したストックな佇まいが魅力 / GALLEGO

バック:クラッチバックもラフィア素材で真夏らしく / rapiecage

    小物でレディなエッセンスをプラスしたい時はリボン付きのラフィアバック / Bilitis dix-sept ans

ブーツ:機能よし、見た目よし、吐きやすい一足 / Dr/Martens

パンツ:リラックムードが高まる緩めのおじパン / SAN FRANCISCO

            カーキのパンツはキレイめの色味と生地なら、男性っぽくなりすぎてスマートに履けるはず / SMITH

 

 

パリといえばやっぱり手始めはボーダートップス!

 


 

マリンスタイルとして一番最初に思い浮かべるのは、

白×ブルーのボーダートップスを主役にした王道のスタイル。

そんな定番スタイルもいいけれど、今年は”ネオマリン”なスタイルに挑戦するのが気分。

ヴィヴィッドな赤いパンツにネイビーのボーダーニットを合わせて、

小物は爽やかな白のキャスケットやレースアップシューズをON。

全体をトリコロールでまとめる小粋なカラーバランスがパリジェンヌらしい!

 

ニット / BAND OF OUTSIDERS

コート / mystic

パンツ / Tutto Bene

キャスケット / BURBBERRY BLUE LABEL

シューズ / Timberland

 

定番のイメージを払拭させるネオマリンな新提案

 


 

トップス:セーラーカラーのようなディティールがマリン気分を盛り上げる / MHL

帽子:帽子もネイビーをセレクトして小物から春らしさを取り入れたい / CA4LA

ジャケット:眩しいほどに真っ白なノーカラージャケットで品良く決められるアイテム / ANALOG LIGHTING

シットアップ:肌になじむコットン素材のセットアップ / PETIT BATEAU

ジャケット:ヴィヴィットな赤色は大人の女性こそ似合う / Scye

パンツ:キレイ目のスラックスはラフなボーダーと合わせたい / FIL DE FER

            白いボトムスを持っていないななら、絶対手に入れるべき!きちんと感◎ / ANALOG LIGHTING

シューズ:人気の《ミネトンカ》のシューズはモカシューズだけでなく、デッキシューズもラインナップ / MINNETONKA

     プリントアイテムが人気 / FLUF

バック:エコバックでも黒をチョイスすることでスタイリッシュにキメラれる!/ modern farmer

カットソー:スウェットのような襟元のディテール / WIN NEELS

                  男の子のようなトップスに/ WIN NEELS

      ボーダーの代名詞ともいえる《オーシバル 》。厚地の記事のシャツとの相性抜群! / ORCIVAL

      ちょっぴりキチンとを感を出したい時はネイビーベースのボーダーがおすすめ / HML.

 

 

FUDGE:2014 April vol.130より

photograph:Sannomiya Motofumi

styling:Kiyomiya Mio

hair & make-up:Onishi Akemi

model:Emmy

The post 憧れのパリジェンヌから学ぶ!この春気になる4つのスタイル 【 vol.2 】 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「憧れのパリジェンヌから学ぶ!この春気になる4つのスタイル 【 vol.2 】