渋谷の道玄坂を登りきったところに位置するFabCafeは、ふつうのカフェと違っておもしろ い。渋谷といっても、東横線を利用するわたしは、ごみごみした道玄坂を抜けるのが憂鬱でい つも代官山から歩いちゃう。静かだし、15分程度という、特にお休みの日にふらっと歩くには ちょうど良い距離なのです。

お店の中に入ると、おしゃべりをたのしむテーブルもあるんだけど、打ち合わせっぽい雰囲気 や、ひとりパソコンに向かう姿の方が圧倒的に多い印象。FabCafeっていうくらいだからもち ろんカフェで、サードウェーブなコーヒーもあれば、エスプレッソマシーンもそれなりの存在 感を見せています。

 

 


 

でもその先に進むと、カウンターにつづいて、別のタイプのマシーンたちが目に入る。。。こ れがふつうのカフェと違うところ。

FabCafeの「Fab」には、Fabrication(作る)とFabulous(すてき)の言葉が込められていて、 3Dプリンターやレーザーカッターを使って、いろんなFabulousなものをFabricateしてFabulous な人になることができます。ものによっては作るのに多少時間がかかることもあるけど、それ なら待つ間、コーヒーでも飲みながら他の仕事ができるよね。ついでにランチも食べれます。 とりあえずラテを注文してひと休み。

わたしは3年くらい前から時々カフェとして利用したり、イベントに参加したりしていたのだけ ど、今回初めてFabrication、やってみました。3Dフィギュアからマカロン印刷まで、ここで作 れるものは実に色々とあるけど、わたしはスタンプ。

ロゴスタンプは実は長い間ほしかったのに、注文したりするのが面倒でなんとなく後回しにし ていたのです。そんな時、スタッフの方と何気なくFabCafeのスタンプサービスの話をしてい て、「はっ!ここでできるやん!」となったのです。

規格のサイズは45x45ミリほどの正方形で、データを渡せば、優しいスタッフの方がその大き さに合わせて機械に設定してくれます。使えるデータ形式はjpg、ai、psdなど。

 


 

おっきな機械に置かれた小さなゴムのカケラに、レーザーが機械音とともにスタンプの表面を 作っていきます。わくわく。じっと観察すること...30秒?あっという間にできちゃいました!

 



 

さらに、スタンプの持ち手となる立方体の木のカケラのトップの面にも、スタンプと同じ柄を レーザーカッターで入れてくれます。可愛いね。ちなみにもっと濃い色にしたい場合はレーザー を2回走らせることもできますよ、とスタッフのお姉さんが教えてくれました。今回は1回で満足。

 

 


 

わたしのスタンプの場合、上下に余白が多めだったので、お願いして余白も切り落としてもら いました。そういった細かいところも、相談しながらできることを提案してくれるので嬉しい。

良い感じ!早速おしてみる。




ロゴなので比較的ざっくりした形だけど、手書きのロゴの細かいニュアンスもしっかり出てい ます。もっともっと情報量が多くても、かなり細かいところまで正確にカットできるみたい。 あとは押す人の技術次第かな。

 

ちなみに全行程は20分程度。コーヒーも飲み終えたし、帰り道に黒いスタンプインクを買って 帰ろう。封筒やありがとうカード、お客さんとのコミュニケーションに使うのがたのしみ。

 


FabCafe

https://fabcafe.com/tokyo/intro/

東京都渋谷区 道玄坂1−22−7道玄坂ピア1F

tel:03-6416-9190 (Cafe&Fabに関する問い合わせ)

月~土/10:00 - 22:00
日・祝/10:00 - 20:00

 

 

 

The post 渋谷のFabCafeでものづくり?!【イラストダイアリー:break】 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「渋谷のFabCafeでものづくり?!【イラストダイアリー:break】