1924年に創業した アメリカ、シカゴのワークウェアブランドである、UNIVERSAL OVERALL(ユニバーサルオーバーオール)。

ハードでリーズナブルなアイテムをほぼ1世紀近くに渡りこだわって追求し続け、現在でもアメリカでは数少ないリアルワークウエアとして、多くのワーカーたちに支持されている。

 

 

 

 

 

 

1924年、オーストリアからの移民兄弟のマックスとジョー・エッカーリングは、アメリカン・ドリームを探し、シカゴのルーズベルト通りに面した建物の3階にロフトを借りて、ワークウエアの製造を始めた。

彼らが自分達を「ユニバーサル・オーバーオール・カンパニー」と呼んだことからブランドがスタート。
その後、ほぼ1世紀に渡りUNIVERSAL OVERALL(ユニバーサルオーバーオール)は成長し、実践的な家族経営のビジネスのまま残り愛され続けている。

 

 

彼らの追及心は今日まで変わらずに引き継がれ、そして今もプロダクトの向上を継続している。

例えばインナーアイテムの上に着られることを前提に考えられたサイズ感や、ベストのポケットサイズ、二本針等のステッチワーク、ヘリンボーン織り等のテキスタイルに対するこだわりからも彼らの追及心を感じることが出来る。

彼らのアーカイブデザインは、そのパターンが今でも変わらず使われる位にすばらしいものであった。現在も、古き良きアメリカのワークウエアを愚直に守り続け、そして進化をすることで、今でも変わらず数多くの有名企業のユニフォームを提供し続けている数少ないリアルワークブランドである。

 

 

日本では1980年代の第一次アメカジブームの際にはすでに上陸しており、当時から熱烈なワークウエアファンから愛用されているブランド。今ではファッションアイテムとして数多くの層から支持され展開している。

 

 

Universal Overall SHOP COAT ¥14,040

 

 

おすすめしたいのが、こちらのコート。UNIVERSAL OVERALLブランドを代表するコートだ。
素材はオリジナルTCツイルを使用しタフさと着やすさを両立。程良く丈感があり、ワークウェアながらスタイリッシュな佇まい。急な来客が来たとき等、作業で汚れた服の上から羽織って来客に対応する為作られたのがショップコートの始まりで、いわばワーカー達の正装。シルエットバランスを限りなくこだわり、着る場所・人を選ばない万能なアイテムだ。

 

 

 

 

ポケット部分には、ブランドロゴが刺繍された小さなタグがさりげなく配されている。シックなカラーリングのコートに、あざやかなオレンジ色が映える。細かな部分にまでこだわりを感じるアイテムたちは、手に取った瞬間からまるでずっと前から傍にいたかのように馴染み、これから長い時間を共にする頼もしい相棒となることだろう。

 

 

 

 

前を開けるとボタンが均等に並ぶ。ラフなTシャツスタイルにさっと羽織るだけでサマになる。

ユニセックスのサイズ展開で、XS〜Lまでバリエーション豊か。ジャストサイズを選んでもよし、彼と兼用のサイズを選んでもよし。カラー展開も豊富でつい迷ってしまう。いずれも合わせやすいベーシックカラーが揃っている。

 

 

【問い合わせ】

UNIVERSAL OVERALL / ドリームワークス株式会社

TEL : 03-6447-2470

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The post 『UNIVERSAL OVERALL(ユニバーサルオーバーオール)』のワークウエアをワードローブに加えたい appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「『UNIVERSAL OVERALL(ユニバーサルオーバーオール)』のワークウエアをワードローブに加えたい