自らのココロとカラダに向き合い、女性という”性”を長く大切にしていきたい。そのために、デリケートゾーンにまつわる知識やケアをあらためておさらいしましょう。欧米ではデリケートゾーンは女性として当然のエチケット。デリケートゾーンについて、いま知っておきたい10のことをエキスパートが解説!

 

1 日本はデリケートゾーン後進国

「海外では母から娘にデリケートゾーンのケア方法を伝えるのが一般的で、日常的に洗浄から保湿まで行うのが常識です」(コスメキッチン アシスタントバイヤー/川崎知子さん)

「クレオパトラの時代からデリケートゾーンのワックス脱毛をしていたという記述があります。わき毛よりも先にお手入れする国も多く、見た目やセクシャルな目的というよりも、清潔にすることでニオイをコントロールすることが重要なようです」(ピュビケア サロン白金台/得田由美子さん)

 

 

2 pH値が違うからボディソープはNG!

「デリケートゾーンは薄い皮膚と粘膜が混在し、まぶたよりも薄く敏感。通常のボディソープは刺激の強いアルカリ性のものが多く、肌あれの原因になることも。pH値3〜5の弱酸性の洗浄剤で優しく洗って」(ピュビケア サロン白金台/得田さん)

「普段は優れた自浄作用で外部からの菌の侵入を防いでいますが、トラブルが起きたときはpHバランスが崩れ、自浄作用が低下している可能性が。正しい洗浄料選びを」(石澤研究所/中島麻美さん)

 

  

 

 

3 知らないうちにたるみも黒ずみも・・・

「ボディの中で一番肌に負担と刺激が多い部位なので、エイジングが強く現れます。お手入れをしているとしていないとでは見た目に雲泥の差が・・・お顔と同様、皮膚がたるみ、しわ、白髪が出てきます」(ピュビケア サロン白金台/得田さん)

「日本人はデリケートゾーンケアの習慣がまだ浅いため、皮膚が垂れ下がるようなたるみを早く感じやすいです。こすれによる黒ずみや、白髪も」(コスメキッチン アシスタントバイヤー/川崎さん)

 

 

4 どんな風に洗うのが正しいの?

「複雑な形状のデリケートゾーンはスポンジだと細かいところまで洗いきれない場合もあります。手でしっかり溝の奥の汚れ(恥垢)を洗うことをおすすめします。恥垢が積もり積もると石のように固くなり、公衆便所のようなニオイの元になるので洗うときに意識を」(ピュビケア サロン白金台/得田さん)

「こすりすぎの原因になるので、タオルやスポンジを使わず、手でやさしく洗うのがポイント」(石澤研究所/中島さん)

 

 

5 昔の女性はナプキン要らず!?

「昔は月経血をコントロールできていて、尿や便と同様、経血も子宮に溜めてから、トイレで出していたと聞きます。現代では生理用品も進化し、経血が漏れないように吸収率の高い高分子吸収ポリマーなどが使用されていますが、それによって女性が本来持ち合わせていたはずの経血コントロール機能が弱まり、ダダ漏れの状態。必要以上に経血量が増えたり、病気を引き起こす一因になるともいわれています」(おもちゃ箱/村林亜希子さん)

 

 

6 経皮吸収率はなんと42倍!?

「膣周りの皮膚は薄く、粘膜室でとってもデリケート。他の部位と比べて経皮吸収率が42倍ともいわれ、口の中と同じく、化学素材に対して不快感を感じやすいです。身体の健康を考えてみても、化学素材にはなるべく触れない方がベター。デリケートゾーンのことを考えて作られた専用コスメや、布ナプキン・オーガニックナプキンは心地よさも優秀。デイリーケアを見直して女性であることを楽しんで」(メイド・イン・アース/前田けいこさん)

 

7 かゆみ、ニオイもお手入れで解決できる

「気にしすぎて過剰にお手入れしたり、洗いすぎ、こすりすぎにも要注意。通気性の良い下着や布ナプキンに切り替えて清潔さを保てば、かゆみやニオイなどの症状も和らぎます」(アロマセラピーカンパニー/熊原ようこさん)

「刺激の強い洗浄剤を使わず、専用の洗浄剤で洗うこと。それだけでおりもののニオイも軽減されていきます。また、専用のスプレーを下着やナプキンに吹きかければ、ニオイ対策にも」(コスメキッチン アシスタントバイヤー/川崎さん)

 

8 市販のナプキンは子宮を冷やす!?

「市販のナプキンは吸収剤に高分子ポリマーを使っているものがほとんどです。高分子ポリマーは水分(経血)を吸収する際に冷却する作用があり、子宮の冷えに繋がることが知られています」(メイド・イン・アース/前田けいこさん)

「ナプキンに使われる高分子吸収剤は子宮を冷やすといわれています。そのため、冷えによる生理痛、経血量が多くなるなど、さまざまなトラブルに繋がることも」(コスメキッチン アシスタントバイヤー/川崎さん)

 

9 布ナプキン&オーガニックナプキンのすすめ

「私が布ナプキンやオーガニックナプキンを使用してまず感じたのは、デリケートゾーンの肌触りの良さと暖かさ。子宮に穏やかな温かさが広がり、今までに感じていた下腹部の感覚が”冷えていた”ことに気づかされました。市販のナプキンで出やすい経血の固まりもなく、全ての経血を吸っていたことにも驚きました。また、経血量も市販のナプキンと比べて明らかに少なくなり、生理が軽く感じられるようになりました」(コスメキッチン アシスタントバイヤー/川崎さん)

 

10 健やかなデリケートゾーンは幸せを運んでくれる

「私自身、割と不規則だった生理周期が、28日をキープしてリズムが整うように。生理前のニキビができにくくなったり、気分的なイライラも軽減されました」(アロマセラピーカンパニー/熊原さん)

「快適に過ごせるだけでなく、自分の身体(特に子宮を含む婦人科系)に興味をもち、ケアすることで、健康を考える良いきっかけにもなります。病気やトラブルの早期発見に繋がることも」(ピュビケア サロン白金台/得田さん)

 

 

RECOMMEND BOOKS

大切なデリケートゾーンのこと。エキスパートの教えがつまった実用的かつ心までもポジティブになれる本をご紹介。

 

「潤うからだ」 著:森田敦子 ¥1,200/ワニブックス

植物療法士の著者が長年取り組んできた”女性が女性として幸福に輝くためのケア”をまとめた一冊。デリケートゾーンの正しいケアで潤うからだに。

 

 

「ちつのトリセツ 劣化はとまる」 著:原田純 監修:たつのゆりこ ¥1,400/怪書房

膣ケア&会陰マッサージのやり方や、膣や女性器の衰えを自分でチェックするポイントなどを解説。自分の力で不調を改善できるセルフケアをご紹介。

 

 

kiitos. キイトス 07号より

 

 

そして、現在ペルルでは、1年間のみなさんの頑張りをねぎらいたく、
旅から気になるブランドのファッションアイテム、シューズ、バッグ、コスメまで、豪華プレゼントを多数ご用意して、年末年始スペシャルプレゼントキャンペーンを実施しております。
ぜひみなさまのご応募、お待ちしております!

【応募方法】

プレゼントは下記のサイトからご応募ください!

記事を読んでコメントを記載いただくだけで応募完了です。

https://monipla.com/sun-a/campaigns/16991

The post 痒みや痛み...デリケートゾーンの悩みを解決?洗浄から保湿まで徹底ケア。 DAY BY DAY FOR FEMMININITY appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「痒みや痛み...デリケートゾーンの悩みを解決?洗浄から保湿まで徹底ケア。 DAY BY DAY FOR FEMMININITY